« 征服欲 | Main | ジェシーと階段 »

庭で。

昨日(28日)は、久々いいお天気になったので、リカとジェシーも外でちょっとゆっくりさせた。
でも、相変わらず匂ってばかり。
それに座らせるとジェシーの身体の傾きが気になった。  

pics/dblog-98   pics/dblog-99


« 征服欲 | Main | ジェシーと階段 »

犬の生活(シニア編)」カテゴリの記事

Comments

リカちゃんとジェシーちゃんの2ショットだ
改めて並んだお顔はやっぱりよく似てますね
ジェシーちゃんの座り方は内蔵助も時々します。
でも、いままでしてなかったのなら気になりますね。
何ともないことを願います。

>kanonさん、
内蔵助くんも、あんなふうに座るんですか?
ちょっと安心しました。
ジェシーはもう3・4年前から後ろ足に震えがあるので、徐々に弱ってきてたんでしょうね。
足腰はリカの方が元気なんですよ。
反対にリカは心臓の薬を飲んでるけど、ジェシーの心臓はとっても元気といわれてるんです。
親子でもぜんぜん違います。

2匹で、気持ちよさそうに日向ぼっこと、楽しそうにお散歩していますね。
とっても立派な口ひげですね。

年と共に、体が衰えてしまうのは、人間も犬もみんな一緒ですね。
わたしは、犬を飼い始めたばかりですが、やはり将来のことを
時々考えます。
一生一緒にいて、寿命だけでみれば、犬のほうが短いので、そういうことも覚悟しなくては。。自然現象ですものね。
今は、こう思っていますが、実際現実になったとき、そう思えるか自信がありませんが。

>white-weissさん、
ヒゲは食事(手作り食なので)のせいで色はついちゃうし、ガビガビになっちゃうし、昔は白くてきれいだったんですけどね。(親ばか!)

犬を飼い始める時に、人間よりずっと寿命の短い犬と生活するのですから、責任を持って最後までと考えることは必要だと思います。でも、今から"最期"の覚悟はいらないと思いますよ。
それは今年16才のクマを看取ることができて感じたことなんですけど、子犬のときからずーっと一緒にいて、病気をしたり、怪我をしたり、手術もあったし入院もあったし、成長期から「あー、やっと落ち着いてきたね。」なんて思ったある日急に「年とったなぁ。」と感じ、そういう少しずつの変化に自分もゆっくりついていけばいいんだと思います。
寿命は短くてもたっぷり時間はあります。
その時、その瞬間のバイシュくんとの時間を大切に積み重ねていけば、きっと"自信"が生まれるはずです。
今を大切にしましょうね。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44604/1808550

Listed below are links to weblogs that reference 庭で。:

« 征服欲 | Main | ジェシーと階段 »

November 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ