« ルークの食事 | Main | ルークの食事 2 »

犬の帰国

日本に犬を連れて帰る場合「検疫」があって、これまでは狂犬病の注射と健康証明書があれば、最低2週間の係留でOKだった。
ところが最近犬の輸入が急増し、それと平行して狂犬病が持ち込まれる危険が高まったという理由で、11月6日から検疫制度が大幅に見直された。

こちらで飛行機に乗せるまでに、何が必要かというと、
①マイクロチップの装着
②狂犬病予防接種(最低2回)
③狂犬病ウイルスに対する血清中和抗体価の検査(検査施設指定)
④抗体保有後の輸出前待機(採血後180日)
⑤事前届出書の提出
⑥出国前の臨床検査
⑦輸出国政府機関発行の証明書の取得 
この7項目をクリアしないと、日本につれて入っても輸出国に戻されてしまうか、180日の係留!!なのです。

かつてイギリスではすべての犬に180日の係留を行っていた時期があって、その間にストレスで死んでしまう犬もいるという話しを聞いていたが、ついに日本もそこまで厳しい措置をとることになったようだ。
http://www.maff-aqs.go.jp/
↑こちらのサイトを見ると、「英国にならって」とはっきり書いてある。

上の⑤⑥⑦はこれまでと同じことなので、何とか大丈夫。
①と②だって、問題なさそう。
③は検査をしてもらえばいいんでしょ。
④は待ってればいいんじゃない。
と思い、まぁ何とかなるでしょと思いながら、細かい指示を読んでいくと
「え?」「なんで。」「どうして。」「どうすればいいのよ。」と疑問と不安があっという間に広がった。

日本に入るにあたって狂犬病の抗体を持っているという検査結果と待機期間を経過しているという条件をクリアするために逆算していくと・・・

待機期間  180日
検査のために打つ狂犬病予防接種が2回(生後90日以上で、最低30日間をあけること。)
そしてそれはマイクロチップを装着後でなくてはならない。

この中でルークがクリアしているのは、生後90日以上であるということだけ。
幸いマイクロチップは12月6日に装着し、去勢手術の経過もいいので、もしたとえば12月20日に狂犬病予防接種の1回目を打ってもらうとすると、
2回目は1月20日。
その後抗体検査のための採血を1月中にしたとする。
そして採血後の待機が180日(約6ヶ月)なので、ルークが日本の土を踏めるのは早くても7月末ということになる。
でももし検査の結果、「抗体が認められません。」なんてことになったら改めて採血しなければならないから、また日にちがかかる。
しかもその指定検査施設というのが、ヨーロッパにしかないのだ。ちゃんと届くのかなぁ。
結果だってどのくらいでもらえるんだろう。
なんか納得がいかないと思って、動物検疫所にメールで質問した。
以下のような返事

  12月3日付けで農林水産大臣が指定する血清の検査機関が新たに追加されました。詳細
  は当所ホームページをご参照下さい。なお、カナダの検査施設については、現在指定
  されておりません。
  指定検査機関につきましては、指定手続きを行っている部署より今後も随時追加され
  る予定であるとの連絡は受けておりますが、いつ追加されるか、カナダ国内における
  検査機関が今後追加されるかについては分かりません。
  また、現段階では日本国内の検査機関も指定されていません。
  指定され次第、随時ホームページに追加されますので、引き続きホームページをご覧
  頂くか当課宛てにご照会下さい。

  カナダ国内における検査機関が指定されない場合は、他国の農林水産大臣が指定する
  検査機関に血清を送り検査を受けていただく事になります。

「わぁ、ややこしそう。イギリスに血清を送るなんて・・・できるかなぁ。」と思ってしまった。

でもまぁ病院の先生の助けをもらって、ルークはなんとかできたとしても
問題はリカ。
これからマイクロチップを埋め込むなんて考えられない。
ということはリカはもう日本の土を踏めないってこと?
と思ったら、農林水産省さんもいちおうそんな犬たちのことを考えてくれたようで、
「経過措置期間」をもうけてくれました。
期日は2005年6月6日
この日までに入れば、これまでの「検疫」を適用してくれるのです。
りょうの帰国命令が出れば言うことないけど、そうでなければリカだけ連れてしばらく帰国だー!と思ってます。

« ルークの食事 | Main | ルークの食事 2 »

犬の帰国」カテゴリの記事

Comments

帰国を考えるとどうしようと思うくらい面倒くさいなりましたね。狂犬病について日本に持ち込まないということはいいことだと思うのですが。
最初のころは3の検査機関について詳細に乗っていなくて指定のとなっていたので、どこだろうと思ってましたが、まさかアメリカ国内にないとは思いもよりませんでした。もっと手軽に簡単にできる方法はないものなのでしょうか。
LEONはまだマイクロチップも埋め込んでません。その前に狂犬病の注射はうったのですが
これは有効ではないので、う~んって感じです。
新しい検疫検査の運用の仕方を見て行くしかないかなと思っています。

私最初にこのニュースを聞いたときに、全ての条件が満たされていれば係留なしで12時間以内に入国できるという点で「便利になるのね~」と勘違いして楽観してましたよぅ。検査機関がアメリカにないってマジですか?
少し前に夏は長期でイギリスに行こうかなと思ったことがあって調べたのですが、確かに最低180日前に準備完了してないとだめでしたね...でも検査機関の場所までは知らなかったです。あやさん、emiさん、ありがとう。
ま、今となってはドル暴落のせいでブリティッシュ・ポンドが高すぎて、とてもアイボ連れで優雅にイギリス行きなんて無理な話となったんですけどね。あー
ところであやさん、もうすぐ帰国なの?(羨)

今、知り合いが自分のワンを連れて、アメリカで修行しているんだけれど、(先月、行ったばかりなの)、この検疫システムには、ほとほと困り果てていました。
というのは、管轄の省庁に電話をしても、担当者ですら、この検疫システムを理解できていなかったらしいよ。

検疫って何ヶ月も動物は空港から出れないって聞くけど、それ以前に手続きとか、規定がたくさんあって大変。

検査結果が一発でわかるくらい画期的な発明を誰かしてくれないでしょうかねぇ。

>emiさん、
ご無沙汰してます。
ジェシーの時にはメールを頂いてありがとうございました。
お返事出さずにごめんなさい。

猫の検疫も同じですよね。
まだ帰国予定がなくても、マイクロチップは入れておいたほうがいいかもしれませんね。
あ、そういえば2匹目って話しありませんでしたっけ?

>マキオ♀さん、
そうなんです。便利になるんですよね。
イギリスの検疫制度も日本と同じなんでしょうね。今回の改正はイギリスがお手本みたいだから。
アイボくん連れて英国滞在なんて、いいよね~。
友人(ライアンのママ)も愛犬連れてイギリス滞在(半年くらい)するのが夢だって言ってました。
彼女はかなり本気です。

帰国については、ほんとに何とも言えないけど、
冬には犬たちを飛行機に載せたくないので、来年の夏には"家"も空くので、犬と私だけ先に帰ろうかなぁとひとりで考えてます。

>ベグのママさん、
担当者が理解できていない?
そんなことでは困りますよね。
急に決めたことではないでしょうに。
サイトからはPDFで詳しい手引書が手に入るけど、誰もがインターネットを使っているわけじゃないんですもんね。
口答できるように勉強して欲しいですね。

お友だちは犬連れでどのような"修行"をされているのですか?

>かぁーさん、
ちょっと話題はずれますが、「横田めぐみさんの遺骨」についても検査できる施設が限られていましたよね。
犬の血を検査する施設もそういうことなんでしょうかね。
こちら北米の施設が技術的に劣っているとは思えないので「そういう類の検査をしていなかった」ということだと理解して、ごくごく近い将来そういう施設が現れるのを期待しているんですけどね。

来年早々日本帰国になりそうなので、血液検査をしたのですが
指定の病院でないとだめだと聞き、不安になりメールしました。
今は香港に住んでいて、血液はイギリスのBIOBEST Laboratories Ltdです。
ここでも大丈夫でしょうか?

>わたなべ りなさん、
こんにちは。
来年早々でしたら、すぐに始めなくてはいけませんね。
狂犬病抗体価検査の指定施設は以下の検査所になります。
http://www.maff-aqs.go.jp/ryoko/newquarantine/quarantinesystem/import/kessei/kesseikikanlist.htm
イギリスも一ヶ所指定されていますね。
りなさんが使われたところとは違うようですね。
でも香港からですと、日本の指定施設へ送る方が近いと思いますけど・・・そちらの獣医さんがやりやすい方がいいですね。
http://www.maff-aqs.go.jp/
↑農林水産省動物検疫所ホームページのアドレスです。
ここで詳しい説明があります。
疑問点は到着予定の空港に問い合わせると丁寧に答えてくれます。
私たちにも犬たちにも不安を残さないように、しっかり準備したいですよね。
またいつでも書き込みしてくださいね。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44604/2289585

Listed below are links to weblogs that reference 犬の帰国:

« ルークの食事 | Main | ルークの食事 2 »

October 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ