« January 2005 | Main | March 2005 »

February 2005

ずっと欲しかったスキャナー

急にプリンターが使えなくなってしまった。
いろいろやってみたけど、だめ!
"カスタマーサポート"に聞いてくださいってことになっちゃって、面倒だなぁって思ったら、りょうが「新しいの買っていいよ。」というので、コピーとスキャンのできるのを買った。
まず何がしたかったかというと、↓これらの昔の写真をPCに入れたかったんだ。
ほとんど日本に置いてきてしまったけど、今手元にあるものだけでもせっせとスキャンしよう。

dblog-234
リカの子どもたち。
巣立っていく数日前。
どこかにジェシーがいる。でも今ではどの子がわからない。

偶然見つけた....

ストリッピングナイフを探してあちこち検索したけど、カナダのオンラインショッピングで見つけられずにいた。
アメリカのショップに頼むと、税金やら手間代やら請求されるのがいやでりょうも「やめといたほうがいい。」というので、どうしようかなぁと思いつつ、何かナイフに関する情報がないかなぁと日本のサイトで検索をしてみた。
そして見つけたのが「ロッキー&ぽっぽのページ」の"わんわん情報館"。
こちらでストリッピングナイフを紹介しているのですが、そこにあったアドレスはなんとカナダのオンラインショッピングページ。
さっそくそちらへ行って、注文。
探していたのがあったし、価格もお手頃。
まったく「検索」って難しいもんだと思った。

ところで、そちらのサイトには、ロッキーちゃんとぽっぽちゃんという2匹のノーフォークテリアがいる。
私は2匹の表紙の写真を見て、「なんてかわいいの。」と一目ぼれ。
犬のガイド本にある写真はたいていショードッグの写真が多く、おすましして横から撮ったものが多い。
そういう写真だけで好きな犬、飼いたい犬を探すのは難しいとよーくわかった。
ノーフォークテリアという犬だって、レイクランドテリア(ルーク)と決定するまでに何度も本やサイトで見ている。
でも決定するには至らなかったのに、もし今だったらレイクランドではなくノーフォークにしてたかもと思ってしまった。
そういえば、レイクランドと決めたのもバブちゃんとポポロちゃんというレッドのレイキーと出会ってそのママさんとメールをやり取りし写真をたくさん送ってもらったことがきっかけだった。
犬との出会いってそういう偶然のような不思議なめぐり合わせがあるんだなぁと思う。
だってやっぱり今ルークを家族に迎えられたことをほんとにほんとに心から感謝しているから。

dblog-232
リカ。こんな風に寝ているのはリラックスしている証拠。

dblog-233
ルーク。"初めての骨"体験。

犬の帰国準備

ルーク、マイクロチップ挿入後2度目の狂犬病予防接種をした。(23日)
これで次回は「狂犬病抗体検査のための血液採取」となる。
きょう先生に聞いたところ、すべて病院でしてくれるらしい。
かなりほっとした。

が、しかし問題はまだあった。
ルークに入れたマイクロチップが日本の検疫で指定しているISOに適合してなかったのだ。
カナダで普及しているマイクロチップはISOに適合したものではなく、今はまだ「今後徐々に移行していくだろう。」という程度らしい。
成田に問い合わせたところ、やはりスキャナーを持参して欲しいということだった。
そのことも先生に聞くと、「スキャナーを買ってもって行くには、価格が高すぎると思うから、"借りる"という形を取れるか調べてみるわ。」ということだった。
まぁ、まだ具体的に帰国の日時が決定したわけではないので、そういうことがはっきりしたらでいいでしょうと言われた。
「ややこしいわねぇ。」と言われてしまったけど、仕方ない。
「日本でも始まったばかりでみんな困惑してます。」と返事した。

ルークが少し落ち着いてきたかなと思い、リカと一緒にしてみた。
やっぱりだめだった。
こんな風に動かれたら....リカのイライラがよくわかる。
dblog-231

都会はいいなぁ。

日頃日本食に飢えている私(りょうは出張先でけっこう食べてる。)は、都会へ出たら「食べるなら日本食!」って思ってる。
この週末トロントへひーちゃんを迎えに行った時も、「あそこのレストランで、きょうはてんぷらうどんかなぁ。」なんてひそかに楽しみにしていた。
ダウンタウンにあるそのお店は駐車場がないからパーキングに止めて歩くこと10分。
気温は-5℃くらいだったけど、風があってすっごく寒かった。
でも「もうすぐあったかいおうどんが食べれる。」と思ってがんばって歩いたのに、土曜日のお昼はやってなかった。
とーってもがっかりして、「ねぇ、どうしよう。どこか中華でもいいけど....。」(もうおなかは和風の気分)とりょうに責任を押し付けていた。
とりあえず寒いしと地下に降りたら、「あ、あそこにレストランがあったよ。」とりょうがひらめいた。
私は途中にあった"エセ日本食レストラン"か?と瞬間思ったけど、何も言わずについて行った。
たどり着いたのは、黄色い外壁のおしゃれなレストラン。
入ると明るい店内にこぎれいな人たちがいっぱい。
「あら、いい感じ。りょうもなかなか見る目があるね。」と思いながら、案内された席もいい感じ。
週末のお昼はブランチで、手頃な卵料理からサンドウィッチ、そしてちょっとしたステーキまでメニューも充実してる。
私は卵、ひーちゃんはチキン、りょうはステーキ。どれもおいしかった!(写真を撮るのをすっかり忘れてました。)
デザートに頼んだ3色ブリュレがまたまたおいしい!
帰り際に化粧室に立ったら、階段の壁にセレブたちの写真がいっぱい。
トロントは最近映画の撮影に使われたり、映画祭もあるしでけっこうハリウッドセレブがやってくる。
そんなセレブ御用達(と勝手に決めた。)のお店だったのね、とさらに満足度がアップ。
「もっとおしゃれをしてくるんだった。」と思った瞬間でした。
お店の名前 "Sassafraz Cafe"

その後あわてて撮った写真。
dblog-229
ふたりとも黒で決まってるよ。

真冬のゲスト

ペリータ家に珍しくゲストがやってきた。
日本で仲良くしてもらっていたご近所の友だちの娘さん。
小学生の頃から知っていたひーちゃんも今はバリバリの女子大生。
トロントへ短期留学中。
週末を利用してロンドンへ遊びに来てもらった。
寒い中歩かせてしまって風邪を引いてなければいいけれど。
語学学校もホームステイ先の家族もとってもいいみたいで、「すっごく楽しい!」と言ってた。
いいなぁ、若いって。
がんばって、いろんなこと吸収して帰るのよ。

dblog-227
記念撮影
犬たちもうれしそう。

dblog-228
「ぼくはずっとくるまのなかで、つかれちゃいました。」

ルーク 2景

dblog-225
モデルデビューできるかしら?

dblog-226
姿勢の良さは天下一品!

リカのバレンタイン

dblog-224
シュナがハートを咥えてる首振り人形です。
バレンタインにリカがりょうにあげました。
りょうにあげる前に、"チュッ"しました。
りょうはうれしそうに受け取ってくれました。

クマ 一周忌

きょうはクマの一周忌でした。
お花を置いて手を合わせ、「リカとルークをよろしくね。」とお願いしました。

dblog-223
2年前のクマとジェシー
虹の橋の向こうでもこんな風にしてるかな。

ラッキーガール!

土曜日(12日)、リカの診察日だった。
"Vetmedin"という心臓の薬がなくなるのでもらいに行った。

リカの様子を診て、「とてもいいわね。薬が効いているのよ。このVetmedinという薬はカナダで去年承認されたばかりの薬なの。この薬で延命できた例がたくさん報告されているのよ。リカ、あなたはラッキーだったわね。」
先生の言葉どおり、Vetmedinを飲み始めてからのリカの回復ぶりは驚きの連続だった。
腹水も今はほとんど感じられないので、利尿剤はあと数日で止めて、Vetmedinとこれまで飲み続けてきた"Benazepril"を倍に増やしてまた様子を見ましょうということだった。
「もちろん、あとどのくらい生きられるかなんて言えないけれど、半年だって1年だって大丈夫かもしれないわよ。」
と心強い言葉をもらった。
実は腹水が溜まって最初に診せに行った時、先生の第一声は「ジェシーのことがあったばかりなのにね。」というものだった。
リカの年齢やこれまでの経緯、そして腹水でパンパンになったリカを見て、先生はもう長くはないと感じたんだと思う。
そして、この日のリカの回復の様子を見て、先生も少し興奮気味だった気がした。

この驚くほどの効果を見せたVetmedinを調べてみた。
ドイツのベーリンガーインゲルハイム社か開発した薬で以下のような説明があった。
「犬の慢性心不全を改善しながらQOL(quality of life)を向上させるという2つの作用機序を持つ循環器系の治療剤」
これを読んで、犬の延命治療に関する理解が世間一般で得られるようになったので、人には当然のように使われていたものを、犬にも使えるように開発したんだろうなと感じた。
そしてその薬を認めてくれたカナダに感謝!
調べた限りではまだ日本には入っていないようだ。
ほんとにリカはラッキーな子だ。
きっとクマとジェシーが守ってくれたんだなと思った。

dblog-222
元気に部屋を走り回るリカ

晴れたけど

10日午後、お天気回復したので散歩に出た。
でも、日差しとは裏腹に冷たーい北風で、私は途中でくじけてしまった。
ルークは相変わらず、ハフマンの首輪をしても引っ張り通し。
痛くないからよけいに引っ張られちゃうのかなぁ?
って、ほんとは私がちゃんと"しつけ"しながら歩かなくちゃ意味がないはず。
でもあんまり風が冷たくて、「まぁ、きょうはいいか。」ってことになっちゃった。
わずか15分で帰宅。

dblog-220
「ママ、はやくぅ。さきにいきますよ。」

dblog-221
「えーー、もうかえるんですか。」
まだ帰りたくないルーク

天候回復待ち

バフィりんさんのところで知った「ハフマンの首輪」。
お散歩のとき引っ張りの強い子でも首を締め付けないというもの。
元気いっぱいお散歩大好きルークにぜひ欲しいと思ったら、タイミング良くりょうが日本出張となった。
あわててハフマンさんに連絡。
希望の日までにネーム刺繍入りで作ってもらえるかどうか確認したら、「大丈夫ですよ。」という返事。
できあがった製品はりょうのホテルに送ってもらうということで、注文した。
そしてりょうも無事帰国して、首輪がやってきた。
早くお散歩行きたいのに、またまた雪の日が続いて今は家で待機中。
早く晴れてくれるといいなぁ。

dblog-218
こんな感じ。

dblog-219
ネームのロゴもかわいいよ。

リカは...

ルークに洋服着せて喜んでいる横で、リカがちょっと頼りなげ。
これまでごはんはとっても喜んで食べていたのに、今日のお昼1/3残してしまった。
食後の大根もまったく食べず。
しばらくしてあげたりんごのすりおろしも「ふんっ。」って感じ。
こういう日もあるだろうと、ちょっと様子を見ることにする。
まだまだがんばってくれなくちゃ、ね。

dblog-215
ドアの開き方が狭いと、入るの躊躇してます。

再びコート。

先週注文したルークのダッフルコート、どうしても欲しくてひとサイズ上を注文してしまった。
それだけじゃ運賃もったいないしと勝手な理屈をつけて、ハーネスとそのおそろいのリードも頼んじゃった。
そしたら今度はそのハーネスが大きかった!
        使えなくはないけど....
dblog-217
コートの上からしてみた。
それでもたっぷり余裕が...。

でもコートはフードもちゃんとかぶれる。
やっぱりルークにはこのサイズだったってことなのね。
dblog-216
フードかぶせたら、固まっちゃった。

これは何日持つのか。

次々おもちゃを破壊するルーク。
ルークのおもちゃ代も馬鹿にならないよ。
たいてい$10位するんだから。

dblog-210
「あたらしいおもちゃですか。」

dblog-211
「いいこで、まてますよ。」

dblog-212
「まだだめですか。」

dblog-213
「はかいしていいですね。」

カナダ製と思ったのに...

「カナダのわんこ服」の話し。
あのサイトはオリジナルではなく、いろいろなブランドのものを個人で仕入れているサイトでした。
なので、私が買ったダッフルはたぶん韓国製(商品にはタグがありません。)で、パーカーはアメリカ製でした。
カナダのものであればお勧めしたいなと思ったのですが、そうでないことがわかったのでお譲りする話しは撤回させていただきます。失礼しました。

ところで、あれから私とおぐさんはあのダッフルのメーカー"puppy angel"とおぐさんが探してるダウンのメーカー"puppia"のサイトを探し回って、ふたりで盛り上がってます。
どちらもオリジナルは韓国のようですが、日本、アメリカ、イギリス、オーストラリアなどあちこちでサイトを見つけました。
でもルークのオリーブ色のダッフルは日本でまだ見つけられずにいます。
もし、「見たことある。」「それじゃないけど、"puppy angel"は知ってる。」という方いらっしゃいましたら、教えてください。
なぜ探しているかというと、ただ価格を比較したいだけなんですけどね。
それと日本に入ってなかったら、ちょっと希少価値あるかななんて...。(笑)

昨夜のリカ
おもちゃで遊んでます!
dblog-209
「これ、新しいのですね。」

今日はこんな日

リカの写真が一日おきになってるけど、それだけ元気にこれまでと同じように過ごしているということです。

dblog-206
「また、同じ写真撮ってるの?」
身体もこんなにスリムに。
dblog-207

ところで、今週はほんとにお天気が良くて、昨日あたりから昼間は氷点下を脱しています。
なので、ルークと一緒にお散歩の練習してます。
同じ場所を行ったり来たりしているので、すれ違う人々にいろいろな事を言われます。
立ち止まって話しをしてくれる人はまだ何を言ってるのかわかるのでいいのですが、リズミカルに歩いている方は歩きながら声をかけてくれるので、何を言ってるのかわからなくて、笑顔でごまかしてます。
ルークは人も犬も大好きで挨拶したくてたまらないので、そのたび猛烈に引っ張られて恥ずかしいです。
そして自転車の人や何も言わずに通り過ぎる人もいるので、そういう人たちに吠えるのはいやだなと思っているんですが、なぜかルークは吠えたことがありません。それだけでも助かってます。
相変わらず外ではほとんど用足しをしないルーク。
まだうんPは一度もありません。
でも今日は雪の上でおしっこしてました。
dblog-208
「ここでしてもおこられないですか。」

カナダのわんこ服

ルークの洋服が欲しくて、あちこちのサイトを探した。
やっとカナダ国内で「手作りわんこ服」を見つけた。
写真を見た限り、けっこうかわいい!
それに通販でしか扱っていない。
これは注文するしかないねと、今週の月曜日に注文した。
なんと水曜日に到着。
すばやい対応にかなりうれしい。

で、商品です。
dblog-203
「思ったとおり、かなりかわいいかも。」

さっそく着せてみた。
dblog-201
「いいね、いいね。似合ってるよ。」

さて次は、
dblog-202
「....うーん、ちょっと袖がねぇ....」

というわけで前身ごろ側から撮った写真
dblog-205   dblog-204
ダッフルの方はいいんです。右のパーカーはなんと前身頃と後ろ身頃がまったく同じ。
犬の体型を考えたらこれはないよね。
なぜダッフルはちゃんと作ってあるのに、パーカーはこんなことになってるんだろ。不思議だ。

それに細かいことを言えば、どちらもフードは使えない。見てお分かりのとおり、小さい。ぜんぜん頭に届かない。
それと、これは私のミスだけど、ひとサイズ小さかった。
なので、交換してもらおうかと"交換"の説明をよく読むと12%も手間代をとると書いてある。
送料負担は普通だけど、通販しかしてない洋服屋で交換に12%も手間を取るってどういうこと?
なので、返すのも交換するのもやめた。(っていうかやめるしかない。)
なので、もし欲しい方がいましたら実費でお譲りします。
ダッフル→4420円(税込み) パーカー→3230円(税込み)
正直、フードを飾りと思えばダッフルはかわいいです。フード部分の裏地もいいし。
日本への送料はこちらで負担します。

サイズ ダッフル  着丈 31cm  
            胸囲 45cm  
            首周り 29cm
     パーカー  着丈 29cm  
            胸囲 48cm  
            首周り 33cm
(参考) ルークのサイズ  胸囲 43cm  首周り 26cm なのでルークより小さい子がいいと思います。
よろしくお願いします。←クリック!

朝まで我慢

みんな夜はどうやって寝てるんだろう。
あ、もちろん犬たちのこと。
17年以上犬と暮らしてきて、その時その時でいろんなことをしてきた。
そんなことができたのも、うちの犬たちはそれほど困らずに新しい態勢に慣れてくれたからだ。
ルークはどうだろう。

ルークはここへ来てからずっとサークルの中で寝ていた。
だからうちにはルーク用のサークルが下と上(寝室)に置いてある。
初めの頃はそんなことなかったんだけど、いつ頃からか朝トイレをすると(サークルの中でしていいようになってる)「出してくれ~。」と金網に飛びつくようになった。
それがうるさくてついつい出して下のサークルに入れに行っていたら(そうすると静かになる)、それが習慣づいてしまった。
もう7ヵ月半を過ぎるし、そろそろ朝まで我慢してくれてもいいのにと思うんだけど、サークルの中でトイレができちゃうのがいけないのか、ぜんぜん我慢してくれない。
そこで、サークルをやめてクレートに入れることにした。
実はルークはクレートトレーニングをまったくしていない。
何度か車に乗せたときに入れたことがあっただけ。(そのときはまぁまぁいい子だった。)
でも、まぁとりあえず入れてしまえって感じで、最初の夜は騒いでも我慢してやり過ごすつもりで、いきなりクレートに入れた。
おとなしい。(たぶん訳がわからなかったんでしょう。)
しばらくすると、「カリカリ、カリカリ」毛布をかいてる音がしてきた。
無視。
今度は外で物音と人の話し声が。
すると「わんわん、わんわん、わんわん....」永遠に続きそうな勢いでほえてる。
これも無視。
でも、これは1分もしないうちになきやんだ。
でも、再び「カリカリ、カリカリ.....」
ちょっとイライラしてきた私。
足元にあったスリッパをクレートに当ててみた。(クレートはカバーしてあるので見えません。)
静かになった。
するとその後は、何事もなくいい子で寝てくれた。
二日目の夜は、カリカリもなく寝てくれた。

まだ二晩しか過ごしてないけど、このままクレートに慣れてくれそうな感じ。
夜中にリカをトイレさせるので、その時ルークも一緒にさせるから夜中にトイレをするのはまだ変わってないけど、その後再びおとなしく寝てくれるから、少し気が楽だ。
ルークも順応性のいい子なのかもしれない。

dblog-195
クマのお下がり。

春だから

今日は節分。
でも今年はお豆が手に入らなかったので、豆まきはなし。
鬼さんにももう1年いてもらおうか。

明日から"春"だし、バレンタインだからピンク系にしてみた。
ちょっと甘すぎるかな。
まぁ今月だけね。

今日も横になって寝るリカ
dblog-198

雪上散歩


今週はお天気がいい。
気温は平年並みだけど、気持ちよく晴れたので散歩に出た。
いつもの川沿いの道は、真冬でもちゃんと歩けるように除雪されている。
だからルークにはわざと雪に覆われた道を歩かせた。
すでに人が歩いて道ができているところはせっせと歩く。

dblog-197
「ルンルン♪です。」(後ろ足浮いてます。)

そこで、ちょっと横道にそれて、雪の中に入って引いてみた。
するとこんな感じ。
dblog-196
「いやですよ。はいれませんよ。」(踏ん張ってます。)

あー、こんなことでいいのだろうか。カナダ生まれが泣いちゃうよ。

おつまみ

りょうは結構帰りが遅い。
なので、私は先に食べる。
りょうは飲まないので、ひとりで支度をしながら飲む。
そんな時のおつまみに最近加わったもの。
"煮豆"
これまで煮豆は好きじゃなかった。
でも、ルークに食べさせようとしばらく前に豆を買って煮てみた。
犬用だから、味付けはなし。ただ煮るだけ。
ちょっと味見と思って煮あがった豆を食べてみたら、「えっ、おいしいよ。」
それから毎日。
ルークが食べなくても自分のために煮るようになった。
そこで気づいたこと。これまで豆を好きじゃなかったのは、甘かったからだ。
味付けしてないと、いくらでもいけちゃう。(一度ちょっとだけ塩を入れたら、やっぱりその方がおいしかったけど)
豆は"red kidney bean"(金時豆?)。
一応オーガニックのものを選んでいるから、豆そのものもおいしいのかも。
チーズの塩味と味なし煮豆がいいコンビだ。

dblog-194
「おいしくなーれ。」

なぜ、足裏がおとなか。


かぁーさんのところでジョン太くんの肉球の写真があったので、思い出しました。

「もう足の裏がおとなだよ。」とりょうが言った理由

dblog-193

この写真でお分かりいただけるでしょう。
いくつかコメントいただいたように、ぷにゅぷにゅしてないどころか、かさかさとささくれ立っているのです。
それにめったに外にも出ないのに、汚れてる!?

やはり家の中が乾燥しているんでしょうね。
肉球クリームでマッサージしてあげた方がいいのかな。

でも子犬でもこんな乾燥した家にいたら、かさかさするんじゃないのかな。
どうですか、ジジちゃんやスパイクくんは?

今日のリカ
こんな風に寝てました。
そう、横になって寝られるようになったんです!
たぶん今はほとんどお水溜まってなさそうです。
dblog-192


こんな場所に...

dblog-191

最近のルークはちょっと調子に乗ってるのか、私が少し甘やかしすぎているのか、こんな場所に平気で乗って、「どう?」みたいな顔してる。
だめだよね、やめさせなくちゃ。
それからルークの体重、本日ついに6kgになってしまった。
もうお昼は野菜のみにした。

今日のリカ
あー、爪がめちゃくちゃ長い!
dblog-190

昨夜のリカ

週末はどうしても更新が滞ってしまいます。
今年になってりょうが近くのスポーツクラブに行き始めたので、そういう時間に更新しているけど、昨日は行かなかったので、できませんでした。
でも写真は撮ったので...夜寝ているリカを。

dblog-189
フラッシュあり。
dblog-188
フラッシュなし。
どちらも面白かったので、載せます。

« January 2005 | Main | March 2005 »

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ