« 楽しいグルーミング | Main | 春はまだ... »

犬と痛み

土曜日(12日)の夜、再びリカの血尿に気づく。
前回のような出方ではないし、元気はあるのでまた明朝まで待つことに。
日曜日の病院は10時から。
朝7時頃起きて「まだ3時間もあるのか。」なんて思いながらリカの様子を見ていると、血尿はほとんどわからないくらいにきれいになってきた。
10時に電話。
受付ですぐに予約を取れるかと思ったら、先生が出てきた。
いろいろ説明してくれるけど、半分くらいしか理解できない。(以前も診てもらったオーストラリアの先生)
わかったのは、「たぶん腫瘍からの出血だから、いったん止まったようでも繰り返す。」こと。
「超音波の検査(18日に予約してある)で確認してみないと、新たな薬は出せない。」こと。
「もし希望するなら、再び1週間分の抗生物質は出せる。」こと。
この3点くらい。
ちょうど"Benazepril"という心臓の薬もなくなるとこだったので、その薬が欲しいというと、「じゃぁ、用意しておくからいつでも取りに来て。」という返事。
ということで、結局診察はなし。
きょう本犬を診ても意味がないということだったんだろう。
先生は「前回も言ったとおり....」と「急変したらすぐに連絡するように。」と何度も言ってた。

で、午後薬だけ取りに行く。
リカはすっかりきれいな尿になって、元気もいっぱい。
腫瘍から出血してても痛くないのかなぁ?
リカが特別なのか、やはり犬は痛みに鈍感なのか。

« 楽しいグルーミング | Main | 春はまだ... »

犬の生活(シニア編)」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44604/3300014

Listed below are links to weblogs that reference 犬と痛み:

« 楽しいグルーミング | Main | 春はまだ... »

August 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ