« March 2005 | Main | May 2005 »

April 2005

急なお出かけ

昨夜かえってきたりょうが「明日トロント行く?」と聞いてきた。
「え?でもトロントって・・・泊まりでしょ?」
「うん。」(気にしてない様子。)
「だって、犬2匹連れてくの?それは無理でしょ。」(でも、ちょっと考え中。。。5分くらい考えて。。。)
「まぁ、1泊くらいなんとかなるかな。」と返事。
で、決まりました。
急遽おいしいもの食べるのとペットショップめぐりを目的にトロントへ。
家でも柵で仕切られてる2匹、さぁどうなるんでしょうか。

出かけ慣れていない私。泊まり支度の手際がとても悪い。
なのに、結構忘れ物したくなくてそのあたり完璧にしたがる。
でも、必ず何か忘れる私。
これから支度します。
bbsとblogのお返事遅れます。ごめんなさい。

なぜか昨日車の中で大暴れのルーク。こんなの連れて行くんだよ。心配。。。。
dblog-353


狂犬病抗体価検査 結果

昨日獣医さんから電話をもらい、ルークの結果がやっと(ひと月と10日かかったかな)届き、無事抗体価は基準に達してたそうです。
これで、ルークは9月17日以降だったら日本に入国できる身体となったわけです。
実際にはまだ面倒なことはあるけど、ホッとしました。
生後9ヶ月の間に3回も狂犬病ワクチン接種したんだから、抗体できてなくちゃ困るよね。

それにしてもロンドンは雨続き。
ぜんぜんお散歩行けずにかわいそう。
早くお天気回復して欲しいなぁ。

大根待たされてるルーク
dblog-352
「よだれでそうです。」

大根の効用

ある日の朝、リンゴを食べながら考えたこと。
パンを食べたり、乳製品を取ったあとの口の中は、なんとなくすっきりしない。
でも、最後にリンゴを食べると、それがすっきりする。
これはもしかしたらリンゴをかじることで歯垢になりそうな食べ物のかすを取り去ってくれてるかもしれない・・・・と考えた。
そしたら、犬だって食事をした後にリンゴを食べたら多少は歯石のでき方が違うかもしれない。
あれ?じゃぁ、大根だっていいんじゃない。同じようにシャリシャリしてるし....。

最近は手に入れば毎食後大根を食べさせている。
消化を助けたり、水分補給になればいいと思ってたんだけど、もしかしたら"歯"にもいいかも!
大根、バンザイ!

ルークでこれくらい。リカはこの1.5倍くらいかな。
dblog-351

きょうの2匹。
dblog-350
「早く、そのおやつください。もう待てません。」

dblog-349
「きょうもかっこよくとってくださいね。」


こんな副作用って

週末から今日まで寒いし雪は降るし、犬の散歩も行けないので話題がない。
日本から送られてきたビデオを見たりするけど、最近連続ドラマをぶっ通しで見ようなんて気力がなくなっちゃってすぐあきる。
まぁドラマそのものが面白くなくなってるのかもね。

で、今日は私の話題。
私は『正常眼圧緑内障』の治療で目薬を使ってるんだけど、その副作用が面白い。
まずうれしい副作用。
副作用っていうのは、ふつううれしくないものだけど、こんな副作用ならぜんぜんOK。
それは・・・・・・まつげが伸びる。または増える。
ね、すごいでしょ。
私はこの薬を去年の10月から使ってるんだけど・・・まつげ・・・伸びてるんですよ!

私はこの薬の副作用について、最初何も知らずに使っていた。
当初私はこの薬を左目だけに使っていた。(それは左目の進行が早かったから)
使い始めてひと月半くらいたった頃に、「なんか左目のまつげ、長くなった?」と化粧のたびに感じていた。
でも、まさか副作用とは思わないから気にしていなかったら、コンタクトを作りに行った眼科で「緑内障で薬を使っている」と言うと先生が「まつげ長くなったんじゃない?」と聞いてきた。
最初何を言ってるのかわからなくて「まつげ?長い?私がですかぁ?」ってとぼけた返事をしたら、「あら、薬の副作用について読まなかったの?」というので「いいえ。」と言ったら先生が説明してくれた。
「えー!じゃぁ私は左目だけ伸びちゃうわけですね。」なんて冗談言って笑ってたら、前回の緑内障の定期健診で「薬が効いている(この薬の目的は、眼圧を下げること)ようだから、右目にも使うように。」と言われた。
「やったー。これで両方のまつげが伸びるぞ。」と内心ニコニコで帰ってきたわけ。
で、両方使い始めてひと月以上たつんだけど、なんか右目のまつげも追いついてきた気がする。
「うん?追いつくって言うのは、限りなく伸びるわけじゃないってこと?」と、今はもしかしたらもうここまでなのかなぁって感じで伸びが鈍ってるんだけど、でも本来の自分のまつげより伸びたわけだから、まぁいいかな。

と、こんな副作用ならいいですよね。
でも、こちらではもともとまつげがうっとうしいくらいの方もいるから、特に男性などは「まつげが伸びるなんて困る。」って言う人もいて"副作用"なのかもね。

あ、そうそううれしくない副作用は、色素沈着すること。
虹彩の色が濃くなるらしい。故に肌に残るとしみの原因になり、目の周りに残すと....クマ状態ってこと。
それでなくても、しみ体質の私。
やっぱりいいことばかりじゃないよね。

積もってる!

dblog-348

やっとここにも春がやってきたと思っていたのに、再びこんな雪!
この時期降ることはあってもこんなに積もったのはこの5年間ではじめてかな?
そんなわけで今日はのんびりしちゃってます。

リカの尿検査 結果

今日出かけている間に獣医さんから電話があり、リカの検査の結果は「何もなし。クリアですよ。」ということだった。
こういう結果になるなら、最初に血尿が出たときに「腫瘍があって出血しているのかもしれない。」とか「超音波を撮ってみないとわからない。」とか言わないで、さっさと専門機関で調べてくれればよかったのにと思った。
リカの年齢やこれまでの経過から、"推測"しちゃったんだろうね。
でも、良かった。
今回の薬は効いてくれたわけだから、しばらく大丈夫でしょう。
アガリクスも再び飲み始めたし、ノミ対策として"ビール酵母"と"にんにくパウダー"も始めたから。

昨日は雨だったけど、今日はまたまたすっごく気持ちのいい日だった。雨が降ったおかげで、埃を流してくれたんだね。
dblog-347
「まぶしいです。」

リカの尿検査

リカ、先週で膀胱炎の薬が終わったので、この月曜日に再検査があった。
朝連れて行っておしっこを溜めさせて、膀胱から直接尿をとるというもの。
12時頃電話入れたら「まだなのでもう2~3時間してから、また電話ちょうだい。」と言われ、それならとお昼を食べたあとちょっと買い物に出た。
その帰り道「もういくらなんでも終わってるでしょう。」と電話をいれずに獣医さんへ行くと、私の顔を見てすぐに「今、先生呼びますから。」と言われた。
先生はすぐに出てきて開口一番「リカはおしっこしちゃったのよ。」
私が「?」という顔をしたので、先生が説明を始めた。
それによると、11時半頃リカをクレートから出してみたが、まだ膀胱が小さかった。
なので、またクレートに戻したところ、そこで溜まっていただけのおしっこを出してしまったらしい。
また数時間待たなければいけないんだけど、リカはまったく水を飲んでくれないし、今日は溜まりそうにない。
だから私の都合がつけば、また明日の朝連れてきて欲しいという話しだった。
リカはかわいそうだけど、検査をしないわけにはいかないから、「じゃぁ、また明日。」ということで、月曜日は連れ帰った。
なぜそんなに溜まってなかったんだろうと考え、もしかした2日ほど大根を食べてなかったからかなと思い、その日と翌朝たっぷり大根を食べさせた。
そして、火曜日。
無事に検査できました。
リカ、お疲れさま。

その間、ルークはしばしひとりっこを楽しんだのでした。
dblog-345
相変わらず、私ひとりではまともな写真が撮れません。

dblog-346
振り返らせたかったんだけど...

哀れ…

結婚以来日本を離れても必ず持って歩いたリクライニングチェア。
いつからか犬たちのお気に入りのベッドとなっていた。

クマに
dblog-343
リカに
dblog-344
そして、ルークも
dblog-342

こんなに気持ちよさそうに寝ているならと、放任していたらルークにやられた。
右のひじ掛け部分。
dblog-341

そして今朝には、
dblog-340

もうこの"いす"がどうというより、ルークのおなかが心配だから撤収。
もう"歯が痒い"なんてはずないのになぁ。
どうしたらいいんだ。


一緒の散歩は楽しいな。

昨日(17日)は曇りだけど暖かな日だった。
りょうがいたし、2匹一緒にお散歩へ。

dblog-337
「またモデルですか?」
でも、だんだん慣れてきたよね。
ロッタちゃんのママさんに作ってもらったTシャツ。この散歩の帰り際ご近所さんに「ストライプがフランス人みたいよ。」って言われた。こちらでは"ストライプT=フランス人"らしい...。

dblog-336
「私はお洋服着てないんですけど....。」
リカには今頃着るもの全然ないね。(ゴメン。)

一緒に撮ろうとしたら、ルークが近づくとリカが逃げるを繰り返すので、こんな写真になっちゃった。
dblog-338

リカは芝生の上で自由にさせていた。
とってもうれしそうだった。足取りも軽やかだったよ♪


"セーター"の続き

「セーターじゃなくて、Tシャツなんだけど...」の話しの続き。
それを読んだライナスママさんがメールをくれた。
(注: ライナスママ こちらで勉強してこちらでバリバリお仕事している日本人のお友だち。ライナスくんという猫を飼ってます。)
承諾を得たので、そのまま書きます。
》ルークの洋服、超かわいい!セーターね、こっちの人は何でもセーターって言うから。
》スウェットでもトレーナーでも何でも、セーターって言う言う。
》リカのお散歩、楽そうでいいですね~。足が弱ってきた犬とかにはとっても便利そう。
》でも他の人から見ればちょっと行き過ぎ?って言われちゃうかも?
という内容。
セーターのことは、犬だからそう言ってたんじゃないとわかって安心。
でも、ストローラーはやっぱり「・・・?」って思われてるかもね。

ここのところ、ずーっとお天気よくてお散歩へ行かないともったいないような日が続いてる。
冬の間運動不足の私は(?年中かも)、ルークとリカと合計2時間歩くともうバテバテ。
帰ってきたら、速攻昼寝してる。
昨日は1時間半も寝てしまった。
それでも、夜も寝れちゃうのよね。老化早そうだな、私の体。

昨日でルークは満10ヶ月。
散歩中に記念写真をと思ったけど、やんちゃルークの写真を撮るのはひと苦労。
デジカメを何度も落としそうになるから、撮ったのはこれだけ。
だいぶ大人体型になったかな。
dblog-335


セーターじゃないんだけど...

下の日記を書いてから、結局お天気に誘われてルークの散歩に行った。
でも引っ張られるルークに、ボーっとした頭では対応できないとわかった。
40分くらいで引き上げた。

最近気づいたこと。
散歩に出るとき、ルークには必ずシャツを着せてる。
気温が0℃前後の頃は、暖かいフリースを着せていたから「あ、セーター着てる。」と言われて、それが当たり前だったけど、今Tシャツを着てても、「あ。セーター着てる。」と言われる。
「洋服着てる。」ならいい。でも"セーター"という単語にはちょっと違和感あるのよね。
"犬が服を着る"="防寒"という見方をしているから、セーターになっちゃうのかな。
"セーター着てる犬"や"ストローラーに乗った犬"を連れてる私。
「おかしなアジアン」と思われてるかな。
まぁ、それでもいいけど。

のんびりテムズ川を眺めるリカ
dblog-334


まだ朝は0℃。

ルークの夜中のトイレ回数が減ってきた。
成長してきたのか、暖かくなって我慢できるようになったのか、どちらにしてもこれからもがんばって欲しいな。
でも、今朝は4時に起こされた。
その後ぜんぜん寝れなくなっちゃって、今とっても体がだるい。
これ書いたら、朝寝かな?

今日もまたお散歩写真。
日曜日に一緒にお散歩した。
ルークを先に歩かせると、リカはストローラーの中で立ち上がっちゃって、ルークを気にしてる様子。
自分が前を行くときはこんな笑顔。
dblog-331

dblog-330

昨日、おとといと風があって少し寒かったから、お散歩は短めで切り上げて庭で遊ばせた。
ルークも思いっきり走れてうれしそう。
dblog-332

上の画像のルークのアップ。
dblog-333


春の服

日本の犬服は・・・・やっぱりいいねぇ♪
りょうが持って帰ってくれたルークのシャツ2点とマナーパンツ。
どれもとってもよく似合ってると思うのは、親の欲目かな?

chou chou さん製
dblog-324
*chou chou さんでは"お散歩タブリエ"も注文。ますますお散歩が楽しみに。

モコテリア さん製
dblog-325

dblog-329

dblog-326  dblog-328

やっと手に入れたキャリーバッグ...

ミシガンの友だちのところへは、ルーク用のキャリーバッグも注文してあった。
それがこれ。↓
dblog-322

Celltei というメーカーのもの。
ルークは体重6kg、体高38cmとキャリーに入れるには少し大きめ。
でも、たとえばトロントへ行ったときなど、「連れて歩きながら、買い物できたらいいなぁ。」と何度も思ったので、ネットで探しまくった。
いくつのサイトをチェックしたか覚えてないくらい、たくさんのサイト(ほとんどアメリカだけど・・・)を見て熟慮した結果が、このCellteiの製品だった。

と、ちょっとここでカナダの関税について少し説明を。
私はカナダに来るまで、カナダとアメリカを"北米"というひとつの単位で考えていたので、アメリカから荷物を送ることに関してそれほど大変なことだと思っていなかった。
ところが、やはりカナダから見たらアメリカは外国なのだ。
だから、外国から送られてくる荷物には当然"関税"をかける。
アメリカや日本では個人の使用するものに関してはそれほど厳密に関税をかけることはない。
ところが、カナダは外から入ってくるものがどのような目的の物であろうと"関税"をかける。さらに"通関手数料"も請求する。
しかもそのどちらもはっきりとした基準が未だにわからない。
と、そんなわけでアメリカの通販サイトは「カナダに荷物を送る」ことをとても嫌っている。(きっとクレームが多いんだと思う。)
だから、アメリカのサイトで「いいなぁ。」と思った物があっても、「カナダには送れません。」もしくは「送りますが、その後の通関に関する費用は個人負担となりますので、ご了承ください。」という記述に必ずぶつかる。
そこで、わけのわからない税金や手数料は払いたくないので、ミシガンの友だちの住所を"送付先"に指定すると今度は「送付先と請求先は同一国内でなければなりません。」と出てくる。
と、こんなわけでアメリカのサイトで商品を気に入っても実際"買う"ことのできる物は、非常に限られてくる。

そんななかで、ルーク用のキャリーを、急いで欲しいという訳ではなかったが、このCellteiは"送付先"と"請求先"が違う国でもOKだった数少ない通販サイトだった上に、商品も気に入ったのだから、注文しないわけがない。

ルーク用には"large"を注文した。
この"large"は、手で持つ、肩にかける、背負う、引っ張る(取り外し可能なキャスター付き)とどんなシチュエーションにも対応できる機能が満載なのだ。
リカのstrollerもうれしかったけど、このキャリーも時間をかけて探しただけに手に入ってすっごくうれしかった。

ところが.....
その日帰ってきて早速袋から出しひとりニヤニヤしながら、あちこち触ってそのままルークと一緒に置いておいて、私はPCに向かった。
その間、ほんの数分。
なにかいや~な音を感じて、そちらへ行ってみると・・・・・
やられた!
dblog-323
背負ったときに腰周りを補助してくれるベルトの止め具が.....無残に破壊されていた。
ルークと一緒に置いておいた私が悪いのです。
でも......ショック。(涙、涙、涙....)


リカの"stroller"デビュー

昨日blogを書いた後、散歩に出た。
お天気が良かったので公園にはたくさんの人が出てた。
車からstrollerを出して押し始めたときは、どうってことなかったけど、リカを乗せて歩きはじめたときはちょっと恥ずかしかった。
特に子ども用strollerを押している人とすれ違うときは、顔あわせないように横向いたりして...。
でもそれほど好奇の目は感じなかった。
子どもと出会うと「あー、犬がstrollerに乗ってるー。」と大声で叫ばれたけど。

リカも、家の中で乗せたときには、「う~。」と唸ってたけど、
もうそんなこともなかったし、ちゃんと座ってきょろきょろ回りを見回す余裕も出てきた。
dblog-319
「いい眺めですよ。」

飽きてくると、strollerの中で立ち上がって「降りたいよ。」と知らせてくれる。
dblog-320
「そろそろ降りようかなぁ。」

2・3回乗ったり降りたりを繰り返して、1時間くらい公園でのんびりした。
リカにもいい気分転換になったみたい。
また散歩が楽しみになった。


Pet Stroller

手に入れたstroller。
昨夜組み立てていたら、説明書の絵と解説が実物とぜんぜん違うから「友だちに家に何か部品を忘れてきちゃったかも...」とあせりまくったけど、たぶん規格が新しくなったと理解して適当にしたらできた。
ほんとに子ども用のバギーと一緒だね。
かわいい!
うちは子どもがいないから、こういうのを押して歩くってちょっとあこがれてたかも。

幌を開けた状態。
dblog-316

幌を全部閉めるとこんな感じ。
dblog-317

まだちょっと緊張気味のリカ
dblog-318

さぁ、お散歩行ってこよう。

やっとミシガンへ

日本も6日はめちゃくちゃ暑かったようだけど、こちらも同様。
本日の予報は19℃。
昨日も17℃くらいあったのかな。
やっとミシガンの友だちのところへ荷物を取りに行ってきた。
ロンドンは朝1℃。出たときは少し曇っていたけど、途中からとーっても気持ちよくなってミシガンでは20℃近くあったかも。
去年の7月以来のミシガンだったから、かなり緊張しちゃった(ひとりの運転だし)けど、久々会った友だちとのおしゃべりは最高。
あまりスピード出さなかったし、イミグレーションで時間かかって到着したのはちょうど12時。
お昼を食べて、友だちの家にお邪魔して、そこを出たのは3時40分くらい。
ほんとに短い時間だったけど、楽しかった!
ルークも初めて国境を越えた。
でも、ルークは指紋と写真を撮る必要はありません。(当然!)
陸続きだから、無審査です。(ほんとは注射済み証を見せる。もちろん持ってました。)

帰ってきたルークはお水を一気飲みし、むせて戻してた。
朝食べたものが出てたから、やっぱりまだちょっと車に酔ってたのかも。
これからは出かける前の食事に気をつけよう。

一緒に写真をとってもらったよ。
dblog-315


尿検査の結果

昨日(2日)、リカの尿検査の結果が出たと電話があった。
「大腸菌」がまだたくさんいるらしい。
これまでの抗生剤は効いてなかったことになる。
というわけで、「別の種類の抗生剤を処方するので取りに来てほしい。」ということだった。
つまり血尿の原因は"膀胱炎"だった。
ネットで調べてみると、やはり高齢ということもあり免疫力の低下も関係しているようだ。
1月に"Vetmedin"を飲み始めてからそれまでずっと飲んでいたアガリクスを止めていたが、今日からまた飲ませることにする。

それでも元気に遊ぶリカ
dblog-314

また雪が....

3月22日の日記に書いた"pet stroller"が友だちのところに届いたと連絡があったので、この週末取りに行こうと思った。
ところが....なんと"春の嵐"。夜は寝られないほどの風の音。さらに今朝起きたら真っ白、また雪になってる。
ミシガンの友だちに電話すると、「こっちは今日は晴れそうよ~。」という返事。
ほんの200kmの違いなのに。
というわけで、ミシガン行きはウィークディになりそう。

お散歩も行けないので、りょうの膝の上でぬくぬく。
dblog-313

破壊は続く

お天気がよくて、毎日散歩に出るようになった。
家から公園まで歩いていくとまだ道が汚いところがあるので、車で公園まで行ってる。
そのほんの数分の間にやられてた。
お気に入りの"ハフマン"のリード。今日は知らずにこのまま散歩してた。切れなくてよかった。
dblog-311

ハーネスとおそろいの"puppia"のリード。4ヶ所もかじられてる。
dblog-312

昨日のリカは、ルークが寝てる間におもちゃを物色してた。
dblog-310
「えへ、ちらかしすぎですか?」

リカ、帰宅

昨日の尿検査は午前中に終わり、リカは元気に帰ってきた。
今回の検査は詳細に調べるので他へ送るらしく、結果が出るまで1週間くらいかかる。
どんな結果が出るのか。
昨日の尿はもうほとんど色がついてなかったから、ちゃんとした結果が出るのかちょっと心配。

午後、少し疲れたのかいつもと寝姿が違う。写真を撮ろうとしたら目を覚ましちゃった。
びっくりしたような顔してる。
dblog-309


« March 2005 | Main | May 2005 »

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ