« April 2005 | Main | June 2005 »

May 2005

犬の登録

katoyanさんの日記に「犬税」のことが少し出てたので、私も改めて調べてみた。

まず犬の登録は市の条例で定められている。
6ヶ月以上の犬は登録義務がある。
登録料は1頭目は$35 or $25(避妊、去勢済み)、2頭目、3頭目は$50 or $30(避妊、去勢済み)を市に払う。
ひと家(家庭ではない形としての家)で飼えるのは3頭まで。
4頭以上飼うとなると、"kennel"としてまた別に登録する必要がある。(登録料$135)

katoyanさんのいるドイツと一緒で犬の数が増えるほどお金がかかるという仕組み。
その他には
"ライセンスタグは必ずつける"
"自由に走らせてはいけない"
"フンは始末する"
"他人の土地に無断に入らせてはいけない"
"リードの長さは2m以内"
など、結構細かい決め事があるんだと気づいた。

ミシガンからロンドンへ来た時うちは3頭飼いだったのだけど、「若い犬が欲しいなぁ。」と思った時期があった。
その時は"ひと家屋に3頭まで"なんて知らなかったからそんなこと考えていたけど、日本でもアメリカでも飼える頭数の制限ってあったのかなぁ?(ご存知の方、教えて!)

ベッドに上手にはまって寝るルーク
dblog-403


リカの体調

リカの体調がちょっと心配。
実はオタワ旅行で2度発作を起こし倒れてしまい、帰って来てからも1度倒れてしまった。
やはり今のリカには、旅行は大きな負担になってしまったのだろう。
身体も以前にも増して骨っぽくなってきたし、歩き方も頼りない。
それに最近息遣いが荒くて「そんなに暑い?」って思うくらい、ハーハー言ってる。
今年の初めの奇跡的な復活から4ヶ月。
"Vetmedin"で1年がんばった子もいるんだから、リカだってもう少しがんばれるよ。
あー、でもこうしていつだって"欲"がでちゃうんだなぁ。
「がんばる」って言葉好きじゃないのに。
その"時"はもう遠くないいつか必ずやってくるんだけど、心の準備なんてやっぱり出来ないよ。

きょうも同じベッドで寝るふたり。
dblog-402


感動 ふたたび

6月の最初の週末に"woofstock"という犬のお祭りがトロントである。
それに行ってみようかと昨夜りょうとそのサイトをチェックしていたら、いつの間にか2匹もPC部屋にやって来ていた。
何気なく振り返ったりょうが「・・・・一緒に寝てるよ。」と小声で言った。
私もそっと振り向く。(音を立てると起きてしまう気がして。。。。)
何とこんなに早く実現するとは!
2匹は私の手作りベッドに並んで寝ていた。

dblog-397

正面から撮ろうと立ち上がったら、顔を上げた2匹。
でも起きずにまた寝てた。 かわいい!
今度はもっともっとくっついて寝てね。
dblog-398

昨日、オタワ旅行を"vacation"にアップしました。ottawaをクリックしてみてください。

オタワ・チューリップ祭り

dblog-396

週末の4連休(金~月)を利用して、オタワのチューリップ祭りへ行った。
詳しくは後ほど"vacation"にレポートするので、見てください。
いない間にコメント、bbsに書き込みしてくださった皆さん、ありがとうございます。
必ずお返事しますので、お待ちください。

最近のルーク

今朝のルークの体重は、6.25kg。
6kgの時に、「もうこれで終わりかな?」と思ったけど、少しずつまだ成長してるようだ。
先日生地やさんに一緒に行った友だちも「ルーク君、また少し大きくなった?」と言っていた。
少し胴も足も伸びたのか、食卓の上の物も簡単に取ってしまう。
その結果がこれ。
dblog-392

ルークはなぜか"紙物"が大好き。
キッチンに置いてある料理の本もほとんど角をかじられてる。
dblog-393

そしてぬいぐるみの破壊は続く。
写真を撮っていたら、
dblog-391
ルーク「ぼくのうさぎ、どうするんですか。」
あや「証拠写真を撮ってるの。」

dblog-390
ルーク「ぼくのですから、もってきます。」
あや「あ、こらこら、まだちゃんと撮れてないでしょ。」

このうさぎ、小さい頃から大好きで、今では目も耳もちぎられてしまった。
去年10月19日の写真。
dblog-394
"獲物"を運ぶルーク

おまけ
dblog-395
"耳のなくなったおもちゃたち"

出産ラッシュ

今公園にいるカナダガンたちの卵が次々かえって、かわいいコガンをたくさん連れて散歩してる。
ルークはこのカナダガンには余り興味がないようでまったく吠えない。
自分はかなわないとわかっているのかな。

dblog-387
平均的な家族

dblog-388
こちらはずいぶん子沢山。

dblog-389
ルークはずいぶん"stay"が利くようになりました。
「ぼくはいいこでまてます。」


感動!

きょうの題名はすごいよね、『ラッキー!』『感動!』だよ。
で、何が感動かって、何も説明は要りません。
この写真を見てください。
dblog-386

これは昨夜の出来事。
私たちが、借りてきたDVDの映画を見ている間の2匹。
同じベッドではないけれど、こんなに接近して寝ているなんて・・・感動以外の何物でもありません。
同じベッドでのツーショットが見られるのも、もう時間の問題かな。わくわく。

ラッキー!

ここロンドンで自分の着るものを買うと言うことはほとんどなかった。
たいていデトロイトへ行ったときに買っていた。
でも、この週末オタワに行くのに「着るものがない。」ということに気づいた。
でも、そのためにデトロイトへ行く元気はないし、仕方ないのでここで調達することにした。
最近は"散歩服"しかいらなかったから、もう擦り切れたようなパンツや白茶けたシャツばかりで平気だったけど、やっぱり首都オタワに行くとなると、少しは気を使う。(と言っても知れてますが。。。)
で、"GAP"でパンツを定価で買った。定価で買うなんて普段ではありえないけど、この際仕方ないので買うことにした。
2本サイズ違いを試着して、小さい方に決めて大きかったほうは試着室にいた店員さんに返した。
家に帰ってからパンツ丈を直そうと履いてみるとずいぶん大きい。
「あれ?こんなに大きかったかなぁ?急に痩せた?・・・そんなわけないしぃ・・・」とタグを見ると"大きいほう"のパンツだった。
「あれ~、間違えて渡しちゃったんだ。」と思い、すぐに交換しに行こうと思ったけど、レシートはりょうが持ったまま(財布に入れてるはずだから)ゴルフに行ってしまったので「仕方ない。明日でいいや。」ということで、今日交換しに行った。
交換だから使ったカードはいらないはずと思ったらレジのお兄さんが「カードある?」と訊くので、「あ、それは夫のカードだから、今日はないんだけど。」と言うと、「返金しなきゃいけないから・・・後で彼と戻ってくる?」と訊いてきた。
「え?返金?」と聞き返すと「このパンツ、今もうセールになってるからその差額を返金したいんだけど・・・。」と言ってる。
「え、まさか。」と心の中で「そんなことってあるの?」とつぶやきながら「いいわ。じゃぁ彼とまた戻ってくるわ。」
と答えると、横にいた女の子が「ギフトカードの返金でよければ今出来るわよ。」と彼に教えた。
私としてはもちろんOK。
"GAP"なら何かしら買うものはあるから。
結局$22.44.-返ってきた。
こんなことって日本じゃ絶対無いよねぇ。と思いながら「やっぱり定価で買っちゃいけないね。」と改めて思った。

ルーク用マット

リカ用マットを作った後、「そもそもカフェマットってどんな風?」と思いあちこち検索。
あんな風にバイアスを使うんじゃなかった。
で、ルーク用が完成。まぁまぁ気にいってるよ。
dblog-384

dblog-385
そんな端っこに座らなくても...。


3作目は...

いつものスーパーで気になっているものがあった。
babyコーナーにあるフリース。
とってもきれいな色で触ると気持ちいい。
「犬に使えるなぁ。」と思うけど、ただそれだけを敷いてもつまらないし...と考えていた。
でもちょっと忘れていたら、昨日行ったときにまた目に付いてしまった。
しげしげ眺めていたら・・・「あ、カフェマット風にしたらいいかも。」と思いついた。
さっそくピンクとブルーを買ってきた。
まずリカ用に、家にあった生地とピンクをあわせて作った...のがこれ↓。

dblog-381

dblog-382

合わせる生地を間違えた感じだし、バイアスがなんか安っぽい。
あ~~、気にいらない。
で、ルーク用にはまた新しい生地を買って来ちゃった。
今度はうまくいくかな。

おまけの画像
dblog-383

快晴 

また少し寒くなってきた。
明日の朝は3℃!

今日の散歩です。
dblog-376

dblog-377

dblog-378

dblog-379

dblog-380

今日はちょっと違うルートへ。
いっぱい歩いてとっても疲れちゃった。

きょうはポーチ。

昨日のカバーの出来と、皆さまのコメントに気をよくした私。
やる気が失せずかつミシンが出ている間にと、2作目を作った。
マチ付きでかポーチ(長い方で30cmあります。)
リバーシブルじゃないけど、ちゃんと裏も付いてるよ。
dblog-374

dblog-375


たまには...

久々ミシンを出して縫い物をした。
今月20日から連休なので、オタワの"チューリップ祭り"へ行く予定。(もうチューリップ終わってるかもしれないけど...。)
ホテルで使うルーク用クレート、折りたたみ式なので、とても便利。
この間のトロントでも使ったんだけど、側面がメッシュになっているので部屋をうろうろするリカが気になるらしく吠えてしまう。
なので、カバーを作ろうかなぁと考えていたら、たまたま友だちが「生地やさんで割り引きセールがあるけど、行く?」と声をかけてくれたので、かわいい生地もゲットできた。
バイアスはちょうど同じような色の縞々生地があったので使ってみたら、予想以上にかわいくできた。
ルークもお気に入り?

dblog-370

dblog-371

折りたたむとこんな感じ。
dblog-373

本日の散歩。
また、そっぽ向かれちゃった。
dblog-372


 

もう夏?

このあたりの今頃の気候は、気持ちのよい日もあるけれど"寒い→暑い"ということが多い。
昨日の最高は22℃。
そしてきょうは朝10時ですでに20℃を超えていた。
きょうの最高は25℃を超える模様。
そうなると犬たちの散歩も日陰を選んでと言うことになる。

これは昨日の様子。
いつもの公園でマラソン大会があった。
普段の散歩の人もジョギングの人も締め出されることなく、選手たちは走る。
1800人も参加者がいたらしい。優勝者のタイムは2時間31分。
お遊びにしては大きなイベントだね。
dblog-369
リカ「みんな、がんばれー!」

これはきょう。
ルークははだかんぼです。
ちょっと恥ずかしい?
dblog-367
「ぼくははだかがすきだ!」

dblog-368
「ここならきもちいいです。」

春の花

ロンドンもやっと花の季節になってきた。
あちこちでチューリップが咲きだした。
リカとルークもお散歩途中にお花の前でひと休み。

dblog-364

dblog-365
ルーク「あ、おはなですよ。」
あや「ね、きれいでしょ。一緒に写真撮ろうよ。」

dblog-366
ルーク「・・・・もぐもぐ・・・・きれいはおいしいです。」
あや「そっちじゃないの。」


お気に入りは?

昨日買った"土手付きベッド"、犬は枕状のものを使うのが好きなはずだから個人的にはとても気にいってる。
でも、当の犬たちはどうなんだろうとちょっと実験してみた。
同じ条件の場所に、"手作りベッド""羽毛ベッド""土手付きベッド"を並べておいた。

まずやって来たのはルーク。
そして、"羽毛ベッド"を占領。
dblog-362

そして、リカがやって来て座ったのは"土手付きベッド"だった。
dblog-363

私の"手作りベッド"はやっぱり人気なかったな。
これは、クマが高さのあるベッドに乗れなくなったので、作ったもの。
誰にも使われなくたって、ここに置いとくからね。

おニュー 3点

今日もお天気よくって、リカもルークも散歩に出た。
道路も濡れてなかったので、ルークには新しいパーカーを着せた。
それじゃリカもということで、新しいカラーとリードでお散歩。

dblog-361

dblog-360

それからきょうはベッドも買ってしまった。
おぐさんの5月2日の日記を読んで「そういえば、しばらく(犬用品)チェックに行ってないなぁ。」と思い出し、おぐさんは"winners"だったけど、私は同じ系列の"Home Sense"へ。
ずっと探していた"土手付きベッド"がありました!
半額でした。
新し物好きのリカがさっそく座ったところへ・・・・
dblog-358
リカ「私が先ですよ。やめてくださいよ。」

dblog-359
ルーク「え?こんどはぼくがさきにいたのに...。」
あや「じゃぁ、一緒に寝たら?」


経過報告(リカ&ルーク)

リカとルーク、この週末以来ずっと一緒に過ごしている。
もちろん日に2・3度の"がぅがぅ"は変わらない。
特に食事前とりょうが帰ってきたとき。
でも、思いがけずこういう結果になってほんとにうれしい。
まだツーショット写真は撮れないけど、きっと近いうちに・・・と期待が膨らむ。

きょうはいいお天気になりました。
昨日のパーキングも今日は10台くらい止まっていたかな。
そろそろ夏休み計画をと思ってます。
また"大自然"がテーマ?今年は"おいしいもの"っていうのがいいなぁ。

ベッドが共用になって、"羽毛ベッド"もさっそくルークに取られちゃいました。
dblog-357


きょうも寒かった。

今日も朝から雨が降ったりちょっと晴れ間になったり、不安定なお天気。
午後ルークのフィラリア検査で出かけて、そのまま散歩に行ってみた。
誰も...いない。
これは公園のパーキング。
dblog-355
私の愛車が....ポツンと....。

気温は5℃。
少し風があったから、けっこう寒かった。
ルークは元気よく歩いていたけど、すぐ退散。
dblog-356
耳が風で立ってるよ。

プレゼントかも

リカはルークが近づくとうなる。
ルークにそれがどう映るのかわからないが、リカがうなると興奮してリカの回りを走り回る。
するとリカも興奮して今度は歯をむき出しにしてうなる、吠えるをくりかえす。
そうなるとルークも吠えながら走り回る。
この状態がリカの心臓に良いわけはないので、これまで2匹の生活は柵で仕切られていた。
トイレは一ヶ所でルーク側にあった。
リカがそろそろかなという時間を見計らって連れて行く。
それでも年老いたリカは粗相してしまうことが何度もあったので、しばらく前からトイレを2ヶ所にした。
それからは私もリカのトイレ時間を気にせずにいられるようになった。
もう2匹の生活はこれで決まりだなと思っていた。

ところが、先週末のトロントプチ旅行で思わぬ収穫となったリカとルークの関係。
りょうが「これなら家でも平気だよ。」というので、土曜日帰ってきてから柵がはずされた。
でも、やっぱり同じことは繰り返された。
そこでりょうの登場。
すると、ルークはおとなしくなる。
が、今日の朝りょうが出かけてしまうとまた繰り返された。
私のひと言ではルークはおとなしくなってくれない。
仕方ないから、一度はルークをクレートに入れ、二度柵で仕切りってルークを落ち着かせた。
ほんの数分そうしてルークが落ち着いた頃また一緒にさせると、大丈夫だ。
こんな風に今日一日過ごしてみた。
だんだんリカもルークが近づいたくらいではうならなくなってきた。

楽しさ倍増のはずの多頭飼いも、柵で仕切られていたのでは楽しさ面白さ半減だった。逆にストレスになった。
ところが今日一日(雨が降ったりやんだりなのでどこへも出かけず家にいた。)2匹とこうして過ごして、自分がとても気分が高揚しているのがわかる。
もしかしたらこのまま2匹一緒の生活が実現するかもしれないうれしさでわくわくしている。
何事もあきらめちゃいけないなと実感。
そして、今回のプチ旅行を実現できた一番の理由は、リカの体調がいいことなのだ。
こんなご褒美がもらえるほど私たちは何か良いことしてきたのかなと考えてしまった。
もしかしたら虹の橋を渡ったクマとジェシーからのプレゼントかななんて思ってる。
そんなことがあってもいいよね。

dblog-354
「あー、ひとりの散歩はたのしいわ。」

プチ旅行 トロント

週末の旅をアップしました。
"one day"の"toronto"からどうぞ。

「案ずるより生むがやすし」を実感したお泊りでした。

まだbbsとblogのお返事遅れてます。ごめんなさい。

« April 2005 | Main | June 2005 »

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ