« May 2005 | Main | July 2005 »

June 2005

暑くて...全開。

なぜこんなに毎日暑いのでしょう。
カナダとは思えない。
ルークもこの通り。

dblog-449


初ネイル。

体験してきました、初マニキュア。
私の家があるサブディビジョンの道路を挟んだ反対側のちっちゃいモールにあるのは、以前からチェック済みだったんです。
でも、なんとなく行く自信(いったいどんな自信だ?・・・手のシミが気になる?)がなくて、でも通るたびに「行ってみようかなぁ。」と思ってたんです。
で、この週末デトロイトへお買い物に行こうかということになり、いつも買い物のたび手先が美しくないのが気になっていたので、本日行ってきました。
こちらでネイルケアというとたいていあのアクリルの付け爪のことなんですけど、私はそれをする気はないので、普通にマニキュアだけしてもらいました。
特に手の手入れがあるわけでもない、ほんとにシンプルな内容です。
結果↓
dblog-448

もう少し丁寧にしてもらいたかったかなぁ。
でも、こちらでそれを要求する方が無理?間違ってる?かな。
チップ入れても$14(\1200ほど)ですから。

365日カレンダー

2006年度版『365カレンダー』に登録しました。

リカ (ミニチュア・シュナウザー 9月12日)
rica-canada

ルーク (テリア 6月14日)
luke3-canada

テリアはもう少しだけど、ミニシュナの集まりが悪いようです。
皆さん、登録お願いします。
そしてリカとルークに気づいてもらえたら"かわいいので投票"をポチッと押してください!

copyright

"コピーライト"つけてみたりして。。。

dblog-446

dblog-447

ミュージカル バトン ♪ - 追記

<追記>
"ミュージカルバトン"で検索をかけてみたら、色々出てきました。
で、私の勘違いがいくつかあったので書いてみます。
①コンピューターに入ってる音楽容量
これは自分が入れたものと言うわけではなく、初めから入っているものもあるのでその合計容量のようです。
私の場合、「1.3MB」でした。
②今聴いているアルバム
これは"たった今"という意味で、アルバムではなく曲でした。
私の場合、「ありません。」
④よく聴く、思い入れのある5曲
これも"曲"であってアルバムでもなければアーティストでもないようです。
私の場合、「.......考え直します。」

そして、この企画のタイトルは当初"ミュージックバトン"だったものがいつの間にか"ミュージカルバトン"に変わっていたそうです。
人から人へ回っていくものはこうしていつの間にか名前も内容も変わっていくんですよね。
でも、それはそれで面白い気がするので、私はこのままということで訂正もしないことにします。

<さらに追記>
この"ミュージカルバトン"ですが、「あー、回ってきちゃった。いやだなぁ。」と思う方もたくさんいらっしゃると思います。
私も5人の方を指名させてもらいましたけど、
私は単純に「どんな音楽好きなんだろう。訊いてみたい。」と思った方々を選びました。
でも、これはただのお遊びですから、バトンを繋げてくださってもご自分の所で止めてくださっても、さらには全く無視してくださっても一向に構いません。
実際そうして止められている方もたくさんいらっしゃいます。
それになぜ5人かというと、そのうちのひとりでも繋げてくれれば広がっていくはずですから、5人というのは保険みたいなもののようです。
もらった時は「へぇ、面白そう。」と簡単に繋げる方々まで指名してしまいましたけど、調べてみると困っている方がたくさんいることを知ったので、ここで追記させてもらいます。


ミュージカル バトン ♪

musicalbaton

おぐさんからバトンが回ってきました。
音楽に関する質問に答える形式のバトンです。
改めて考えてみると"古い曲ばっか"でした。

①コンピューターに入っている音楽容量
入っていません。
不器用なので"ながら"が出来ません。

②今聴いてるアルバム
ballad3
サザンオールスターズ『ballad3』
日本出張したりょうが買ってきた一枚

③最近買ったCD
yumiarai
Yumi Arai 『Super Best of Yumi Arai』
これも日本出張の際に私が頼んだ一枚

④よく聴く または 思い入れのある5曲(枚 or 人)
annie
ユーリズミックス
大好きな(歌も容姿も)アニーレノックス。
コンサートに行き、感動のあまり失神しそうでした。(←うそ!)

ocaen
エリック・クラプトン 『461 Ocean Boulevard』(♪わたしの青春そのもの)
この中の"Let it grow"今でも聴くとドキドキします。
クラプトンは大好き!"Layla"(オリジナルバージョン)にも感動。

romance
ルイス・ミゲル 『Romance(ロマンセ)』
メキシコの頃、知人に教えてもらう。
擦り切れるほど(CDだから擦り切れないけど)聴きました。

no7
フルトヴェングラー 『ベートーベン 交響曲第7番』
中古CDショップで見つけた。
心が震えます。

miyamoto
宮本文昭 『ミラノの午后』
ふらっと入ったお店で買う。
オーボエの魅力再発見の一枚。

⑤バトンを渡す5人
マキオさん♀ エアデールテリア ミシガン時代のお友だち
ロココパパさんママさん ミニチュアシュナウザー 「ミニシュナデータベース」を主催
あゆ蔵さん シュヌードル(mix) "ババンバン!ドッグ"を主催
キャサリンさん トイプードル アメリカ・アーカーソー州に住むお友だち
kaoriさん ワイヤーフォックステリア ルークの同級生のママさん

とっても悩みましたけど、違う犬種で5人選ばせてもらいました。
皆さん、お時間あるときにお願いします。

破れたベッドとドッグピロー

本場ロンドンに住むミリアンさんの所のマックス君(ボーダーテリア ♂)、おニューのベッドをカリカリして破ってしまったらしい。
うちもそんなことがあったなぁと写真を探した。
ありました。

dblog-444

そしてそのままのベッドに寝るリカ
dblog-445

さらにドッグピローを使って寝るマックス君。
あや「あー、これもあるある。」
dblog-442
マックス君と色違いの枕。
しかし....
dblog-443
最近のルークはこの枕を見ると、こんな状態。
だから没収しております。

うーん、

カメラが良くなったからといって、そう簡単に"いい写真"が撮れるわけじゃないのはわかっていても、つい期待してしまう。
なかなか納得いかないなぁ。
今日はアップでいこう。

dblog-440

dblog-441


おみやげ。

きょうは火曜日。
土曜日の夜にりょうが帰ってきてリカが少し回復したら、なんだか気が抜けちゃったのか何かをする意欲が非常に低下している。

りょうの日本土産の中に「はい、あやのおもちゃ。」と言ってくれた物があった。
それはデジタル一眼レフ"CANON EOS Kiss"だった。
「あったらいいなぁ。」とは言ったけど、ほんとは「え?私に使える?」って感じ。
でもうれしかった。ありがとう。
さっそくリカとルークを撮ろうと思うんだけど、上に書いた通り気持ちが今ひとつ乗らない。
でもとりあえず部屋の中で撮ってみた。

dblog-438

dblog-439

うーん、やっぱりきれい。(ここではあまりわからないけど。。。)
せっかくだから腕を上げたいなぁ。

長かった1週間

りょうは昨夜かえって来た。
1週間、日本へ出張していた。
長い1週間だった。

その間、リカはずっと体調不良だった。
朝、起きた時が一番だめ。
トイレを済ますとひたすら寝てる。
『嫌い?』の日記にも書いたけど、「リカ、ごはんよ。」と言ってもチラッと目を動かしただけで起きない日もあった。
「りょうがいない間に何かあったら....」私はそのことばかり考える毎日だった。
とにかく早く時間が過ぎて欲しかった。
ただ救いはお昼になると少し食べ、夕食になるといつもの食事をきれいに食べてくれたことだ。
だから、午前中の私はひたすら沈み午後になると少し元気になり、夜には「これならまだ大丈夫。」と胸をなでおろす、その繰り返しだった。

金曜日は最低だった。
夜中に戻し、昼間の食事も食べた後に戻し、夜の食事は食べたい気持ちと身体がマッチしなくて、こんな体勢で食べ、食べた後は横になってしばらくハーハー言っていた。

dblog-437

リカの身体を支えながら、泣きたい気持ちでいっぱいだった。

でも、昨夜りょうは帰ってきた。
リカもうれしそうに出迎えた。
そして...そして...リカはまた元気になった。
今朝(19日)の食事は完食。
あんなに食べなかった『k/d』もきれいに食べた。
また、ひと安心。
でも、これって「私の心配がリカの不調を作ってた。」ってことなのか?
それとも「りょうの不在が.....」ってことなのか?
また反省だ。
どんな時にも私が心安らかにいることがリカが一番安心していられることなんだって気づかされた。
犬って不思議な生き物だ。
リカにとっても長くて不安な1週間だったんだね。ごめんね。

ささいな事だけど・・・

きょうはうれしいことがあった。
下の日記に書いたとおり、リカが食事を思ったように食べなくなったのでサプリメントで消化酵素を補わなくちゃいけないと思い、前々からチェックしてあった"Prozyme"というサプリを探してペットショップをあちこち回った。
実は用意しておいた方がいいと思い先週から何かのついでがあるたびに近くのショップは回っていたのだが、見つけられずにいた。
ただ一軒だけ"Prozyme"に近いものが入った"Enzyme-plus"(みたいな名前)が『Paws&Claws』にあっただけだった。
きょうも2軒だめだったので、もうロンドンにはないのだろうと思い『Paws&Claws』に向かった。
お店に入ると「何か探してるの?」と訊かれたので"Prozyme"を印刷した紙を見せると「ああ、こういうものは『Dr,Doo's』にあるよ。場所知ってる?」と言われたので「知らない。」と言うと教えてくれた。「あのお店はこういう物をたくさん置いてるからきっとあるよ。」とまで言ってくれた。
なんて親切は店員さんなんだ!
私はさっそくお店に向かった。
『Dr.Doo's』はすぐに見つかった。
お店に入りさっきの紙を見せるとそれはレジのすぐ横にあった。
感動!
もうロンドンでは見つけられないと思っていたから、すっごくうれしかった。
ついでにそのお店で扱っているフードのカタログも色々もらってきた。

dblog-436

お昼リカの食事に入れてあげた。
何の抵抗もなく食べていた。
今(5時半)横で寝ているけど、さっきからおなかがぐちゅぐちゅいってる。
消化がうまくいってる音....みたいに聞こえる。
ほんとにそうだといいね。

嫌い?

大根、キウイ、バナナでうまくいってたのに、全部食べなくなっちゃった。

少し前から朝の食事をあまり欲しがらなくなった。
もともと『k/d』は好きじゃないみたいだったので、手作り食とおかゆそれに上記の消化酵素の含まれた食品をあげてみた。
まず上手にキウイだけ出してた。
大根はおろしてあるから仕方なく食べてたみたいだけど、小さく切ってあげるとまったく食べない。
バナナも食べていたのに、昨夜から食べなくなった。
じゃぁ、他のものにしようと大根の代わりにキャベツ、キウイの代わりはイチゴで試してみた。
キャベツは食べるけど、イチゴはだめだった。

午後になるとやはりおなかが空くのか、『k/d』を混ぜてあげても食べてる。
でも大根、キウイはだめ。

今朝私が目覚めたのは8時。(りょうは出張中です。念のため。)
「えー、こんなに寝ちゃったの。」って感じ。
5時半にリカとルークのうんPをそれぞれ片付けて「まだ早いよね。」と寝たら、こんな時間になってた。
リカは食事の1時間前に"Vetmedin"を飲まなくちゃいけないから、8時に飲ませると食事が出来るのは9時になる。
なので私はゆっくり朝食をとった。
ここしばらく朝起きてもずーっと寝ていて「リカ、ごはん食べる?」と声をかけるとやっと起きて来てたのに、今日は時間も遅いせいか私が食事をしている間キッチンをうろうろしてた。
きょうは食欲あるのかなと思い、朝から『k/d』も混ぜて野菜はキャベツだけ入れてあげてみた。

dblog-433

最初は食べてたのに、そのうち口に入れても横に吐き出し始め、結局これだけ(1/3くらい)残した。
ゴートミルクは、一気に飲んでた。

dblog-434

その後、イチゴ、バナナをあげてみたけど、どちらも吐き出してた。
あ、でもリンゴは食べてた。
こういう食の好みの変化はどういうことなんだろう。


気をつけなくちゃ。

ルークをクレートから出して寝るようになって寝室にトイレを作ったら、リカをサークルに入れて置く意味がなくなった。
サークルもクレートも片付けて代わりにベッドを2つ置いてる。
ふたりとも素直に寝てくれるんだけど、夜中にうんPをされるのでどうしても起きて掃除することになる。(そのままでは匂いすぎ!)
私の寝不足は相変わらずだ。
でも、一緒の部屋で犬たちが自由に寝ているというのはいいものだ。

そして昨夜うんPを片付けた後少しすると「ゲホッ、ゲホッ」の声。
「え?リカ?」とあせったが、見るとゲホゲホしているのはルークだった。
で、何を戻したかというと・・・・2日前に食べた"グリニーズ"だった。
2cmx1cmくらいの大きさ。
食べずに飲み込んだものらしい。
このくらいの大きさだと消化できないんだ。
こういうものを食べさせる時は絶対目の届く範囲でなくちゃいけないと反省。
それにしてもルークは何か飲み込んで戻す時、たいてい2日くらい経ってからなんだ。
その間は普通に食事をしおやつも食べ水も飲んで、それらはちゃんと消化されて....そして戻すのだ。
「胃が気持ち悪い。」って感じはないのかな。
ちょっと面白い。

飲み込んだ日の夜。
dblog-432
ルーク「ちょっときもちわるいかも。。。。。。。」


えっへん♪

きょうはルークのお誕生日です。
"もう1才"って感じですね。
これからも元気にすくすくいってもらいたいものです。
最近凝ってる"焼きプリン"をゴートミルクで作ってあげました。

dblog-427

dblog-428

dblog-429

dblog-430

dblog-431

☆タイトルはおぐさんから頂いたメッセージを拝借しました。ありがとう。☆


ゴートミルク

「犬に牛乳を与えてはいけない。」というのは聞いていた。
でも「ゴート(ヤギ)ミルクはいいらしい。」
その違いは何?と調べてみると、脂肪球の大きさの違いとわかった。
ミルクが白いのは脂肪球がたーくさん集まって白く見えるらしい。
その脂肪球の大きさがゴートミルクは牛乳の6分の1と小さいから消化されやすく下痢を起こしにくいということ。
もちろん成分が犬の母乳に近いという理由もある。

さっそくゴートミルクを買ってきた。
dblog-426

ルークは散歩後に。
リカには温めて食事に少し混ぜた。「いつもよりおいしい!」と言ってました。


楽しいこと。

ルークに色々なコマンドをおしえるようになって、気づいたことをひとつ。
それは『自分も楽しみながらおしえること。』

少しずつだけど進歩しているルークを見るのが楽しくて、褒める時にとーっても大きな声が出せるようになった。
「出せるように」というより「自然に出る」のだ。
ほんとにうれしくて"Good dog!!"と叫んでる。
そうすると、ルークの反応がまたすっごくいい。

人だって何か楽しいことはあっという間に時間が経つし、覚えなきゃいけないことだってすっと頭に入る。
そしてなんたってそういうことは長続きするのだ。
犬もきっとそうに違いない。
特に犬は飼い主が喜ぶ姿はなによりもうれしいはずだから、そんなトレーニングは犬にとってもあっという間ですぐに頭に入るし、長続きするに違いない。
犬との生活の中で「このことはもう出来てるからおしまいね。」というのは皆無だと思う。
一緒にいる限り"しつけ"は続き、私たちは愛犬を褒め続けるのだ。
だから、やっぱり楽しくなくちゃ続かない。

日本にいたとき、クマで訓練試験を受けた頃、その練習を始めた時は楽しかったけど、だんだん義務(試験を受けなくちゃいけない)のようになってきて、お散歩しながらも「あ、少しは練習しなくちゃなぁ。」って感じの時があった。
今思うと、それはクマにとっても「あーぁ、またかぁ、つまんないなぁ。」という日々だったと思う。
だって、試験を受けたあと(一応受かりました。)だってお散歩では引きづられっぱなしだったもの。
食事中に手を出すと噛まれたし...。(泣)
そんな"訓練"は絶対おかしいと、今なら素直に認められる。
試験を受けて受かったという事実が欲しかったんだろうな。
その時、クマは外で飼っていたんだけど日本の冬の寒さがかわいそうで途中で家に入れることにした。
その後のクマはすっごく変わった。
だって食事中に手を出しても噛まなくなったのだから。
外でひとりでいるのが寂しかったんだなと思った。
私はクマの信頼に足る飼い主ではなかったんだ。
やっぱり犬をちゃんと見なくちゃいけないね。
そして一緒にいることを楽しまなくちゃ、犬も私たちも幸せじゃないよね。
ちょっと話しがずれちゃったけど、トレーニングも"楽しい"が基本かな。。。でした。

1999年秋の3匹。
dblog-425

連日真夏日。

カナダの夏だから、6月は一番いい季節のはず。
なのに...ここ10日ほど毎日"日本の夏"のような暑さ。
昨日りょうと散歩に出かけると、公園のパーキングには車が2台しか止まっていない。
カナダの人は良く知ってますね、こんな日に散歩しては疲れるだけって。
100mくらい歩いたら汗がたらたら流れてきた。
↓あの日陰の道を往復しただけで帰ってきた。
はぁー、もうぐったり。

dblog-423
ルーク、ちゃんと歩いてるかな?

夕方、リカを庭で遊ばせた。
先週ちょっと体調崩したけど、また元気になった。
dblog-424
大根、キウイ、バナナで元気回復!


暑いけど、散歩。

やっぱりたまにはお散歩行かなくちゃということで、昨日でかけた。
でも暑いし、日差しはいやだし・・・
こんなとこだけ歩いた。ここまでは、車。

dblog-422

ルークも楽しそうだった。

dblog-421

ルークも男。

dblog-420

この写真のルーク、注意されてシュンとしちゃってるようにも見えますが、実はいつものドッグピローにへこへこした後の顔です。
昨日ボール遊びをした後、5分位して戻るとこんな顔をしてたので「あれ?走りながらトリート食べてたからもどしちゃった?」と近寄ると・・・・ピローの横で背中を丸めてました。
チラッとのぞくと・・・・出てました。
これ、はじめてみた時は非常に驚いて『ひよこ診療所』で質問しちゃったんだけど、去勢しててもこういうことってなくならないんですね。
私としてはあまりして欲しくないんだけど、まぁ相手はピローだけだから仕方ないかな。

寝室で寝る。

夜、リカもルークも私たちの寝室でいっしょにリカはサークルの中、ルークはクレートの中で寝させている。
それでこれまでうまくいっていたのに、日曜日夜のthunderstormのせいかどうかはわからないけど、ルークがクレートを嫌がるようになった。

月曜日夜いつものようにクレートに入れると「クークー....ヒーヒー....ハーハー....ワン!」となき続ける。
ずーっと無視していたが、夜中1時あまりにも「ワンワン」言い続けるので、トイレに起こした。
少しだけおしっこをして再びクレートに戻すがまったく寝てくれない。
それに気のせいかクレートが少しカタカタいって中で震えているように感じた。
もうどうにも寝られなくなったので、出すことにした。
一度トイレに行ってるから大丈夫かと思ったら、いきなり部屋の隅でうんPしてくれた。
そして思ったとおりりょうと私のベッドの上に乗り、行ったり来たりしてる。
「オフ!」と言うといったん降りるがまた乗ってくる。
りょうはそんなルークを撫でたりしてたが、私がしつこく「オフ!」と言うと、急ごしらえのベッドに何とか乗ってくれた。
そしてその日はそのまま朝まで寝てくれた。

そして昨夜。
もうクレートに入れる気はなかったので、昨日うんPをした場所にトイレを設置して、ベッドにはいつものフリースを敷いてあげた。
はじめはまたベッドに乗ったりしてたが、「オフ!」と言って電気を消すと、ベッドへ行ってすぐに寝た。
夜中リカが起きだしたのでトイレをさせるとルークも起きてきて一緒にした。
その後は一度も起きずに静かに寝てくれた。
途中で私たちのベッドに乗るそぶりも見せないし、問題なければこのままでいってみよう。
意外と素直に自分のベッドで寝てくれて、かなりうれしいかも。

dblog-418
ルーク「ここはこわいです。」

dblog-419
ルーク「ここならねられます。」

リカ 6月6日

朝 おかゆ+手作り食+キウイ
昼 おかゆ+手作り食+大根おろし+キウイ
夜 おかゆ+手作り食+『k/d』+大根おろし+キウイ+バナナ

どれもおいしそうにうれしそうに食べてくれた。
嘔吐もなく、1回だけのうんPも正常。
もうルークの後を追う元気も出てきて、表情が明るい。
少しずつ『k/d』を増やしてみよう。

dblog-417
うれしくて勢いよく食べるから、ブレてます。

リカ 6月5日

朝食をとって3時間くらい経ったお昼前。
リカが2回戻した。
朝、食べたものが消化されずにそのままだった。
なんとなく元気もない。
午後1時半に「リカ、お昼よ。」と起こしてみるがほとんど反応がない。
容器に少しだけ療法食の『k/d』を入れて鼻先においてみるが、反応なし。
食欲があるのかどうか知りたかったので、においの強いレバートリートを嗅がすとすぐに反応し食べた。
それにつられるように立ち上がりキッチンまで歩いてきた。
少し食べたそうなそぶりも見せたので、先ほどの『k/d』に手作り食を少し混ぜてあげると、少しずつ食べ始めた。
時々『k/d』だけ容器の外にぺっと吐いてる。
きょうは『k/d』の気分ではないらしい。
その後大根も少し食べた。

そして2時間後、再び嘔吐。
同じように消化されずにそのまま出てきた。
さらに1時間後、また嘔吐。
これでお昼に食べたものは全部出てしまったようだ。
明らかに元気がない。
りょうがゴルフから帰ってきて相談するが、emergencyで長時間待たされるより明日いつもの病院へ連れて行こうということになった。

ところが、夜私たちの食事も終わりかけた頃、にわかに起きだしたリカは「ごはん、まだ~?」という顔で元気に歩いてる。歩くどころかトイレして戻る時には小走りになってる。
そこで、おかゆの登場。
大根おろしと一緒にうれしそうに食べてくれた。
夜はもういつものリカだった。
そして今朝はおかゆと手作り食とキウイをきれいに食べた。
これでまた復活してくれるといいけど。

昨日の午後、目がうつろなリカ
dblog-416

昨日嘔吐したものがほとんど消化されてなかったので、「何か消化酵素が分泌されてないんだろうか。」と思いネットで調べた。
一生のうちに作られる潜在酵素(消化酵素と代謝酵素)の量は限られているらしい。
それではすでに消化酵素が減っていても不思議はないのだから、外から補ってあげる必要があるわけだ。
そしていつもあげている大根の消化酵素は主にでんぷん質を分解するものらしい。
では、たんぱく質や炭水化物を分解するものは?とみると、
あげやすいものとして、たんぱく質にはキウイ、イチゴ  炭水化物にはバナナとあった。
きょうから大根、キウイ(イチゴ)、バナナをリカのデザートとすることにしよう。

thunderstorm

金曜日、庭に水をあげようとバックヤードの蛇口をひねると水が出ない。
どうも蛇口が壊れてしまったようだ。
この家も築17年目。私たちが住むようになってからも毎年あちこち手を入れてる。
今年はすでに玄関の外床を直し、窓枠のコーキングをし直した。
そして今度は庭の水道。
この週末から真夏のような夏さなのに、庭に水遣りが出来ない。
庭の芝を気にするりょうがイライラしてたのがわかった。

が、昨夜は激しいthunderstorm。その雨のおかげでちょっとひと息。
水道局の話しでは、毎日少しずつあげるより一週間に一度たっぷり水を上げるのが効率の良いやり方らしいので、この雨でまた一週間は大丈夫だろう。

しかしそのthunderstormに反応してしまったのがルーク。
結局ひと晩中「ひーひー、わんわん」とないていた。
普段トイレに行きたいときも「わん。」と言うので、夜中に2回もトイレに連れて行くことになってしまった。
そして私とルークは睡眠不足。
朝食事をする前からりょうの足元で横になって寝てるルークでした。

庭でスキップ。
dblog-415
ルーク「♪♪♪~~」

今朝

今朝のリカはとても調子がいいようで、食事中りょうのいすに前脚かけたりしてた。
こうして毎日よかったりちょっと悪かったりの繰り返し。
きょうはwoofstockへ行く予定だったが、急な来客で中止。
まぁリカもあんなだったし、長時間のお留守番は心配だったから良かったかな。

朝食後、りんごのかけらを待つふたり。
ルーク "3歩下がって・・・"ます。
dblog-413
りょう「はい、まずリカ。」

dblog-414
りょう「つぎ、ルーク。」


報告(または記録)

昨夜、リカを2階の寝室に連れて行こうと抱き上げると、「グォッホゥ、グォッホゥ、」っておかしな咳をした。
でもそれはたまたまかと思いしばらくしてまた抱き上げてみたが、またまったく同じ咳をした。
少し前から胸がかなり膨らんできているなと感じていたが、実際測ってみてもそれほど変化はなかったので、気のせいかなと思ったが、やはり心臓が肥大してきてるのかもしれない。
りょうは「今夜は下で寝かせようよ。」と言うので、「じゃぁ、私も下で寝る。」と言った。
ルークはりょうと一緒に上でよかったのに、夜中に起こされるのがいやなのか「ルークも下がいいでしょ。」なんて言って一人で上に行っちゃった。
(りょうの名誉のため、決してりょうは薄情ということではありませんので。)
で、ルークは下のクレート(いつも留守番に使っている)に入れたんだけど、何かいつもと違う空気を感じるらしくずーっと中で「ハーハー、ハーハー、」荒い息をして、たまに「わん!」とか吠えてる。
無視しようかと思ったが、クレートに入れなかった場合のルークの様子も知りたかったので、結局出した。
もうすでに真っ暗だったせいか、ルークはすぐに私の足元で寝た。
"足元で"というのが、私をボスとみなしているようでなんだかうれしかった。

夜中、リカが一度起き上がり少し歩いていたのは覚えているけど、その他には気になることもなくゆっくり寝ることが出来た。

ルークが5時半にトイレに起きて目が覚めた。
リカはまだぐっすり寝ていた。
昨夜は特に体調の変化もなく、よく眠れたようだった。
ただ起きた後がいつもと違った。
足元がふらつき、ベッドの角のほんの少しの段差に躓き、起き上がる為にじたばたし、起き上がると今度はしばらくそこから動かない(動けない?)。
でも私たちが食事を始めるといつものようにテーブルのそばに来て座っていたし、食事もうれしそうにきれいに食べた。

「食欲があって食べられれば大丈夫だね。」とりょうと話した。
こういう変化がこれからも徐々に現れるんだろうなと思う。
でも、私たちは心配していない。
リカはいい顔してるし、幸せに違いないと思っているから。
だから、これを読んでもらってる皆さんも心配しないでください。
静かで安らかな時を迎える準備をしているリカを、ほんとに"幸せな犬"だと見守ってやってください。

ルークも見守ってくれてます。(昨夜)
dblog-410

でも、すぐに・・・
dblog-411

そして、今朝も・・・
dblog-409
ルーク「ぼくがちゃんとみてます。」

dblog-412
ルーク「zzzzzzzzz.....」

もっとルークを観察。

今、ルークは散歩を控えてる。(3~4日に一回)
まずは家の中と庭(デッキ)でちゃんと歩けるようになったら、外に出ようと思ってる。
たまに出たときも、そろそろ飽きてきたなと思ったらすぐに引き上げる。

まず、ルークの問題点。

"down"がトリートがないと出来ない。
トリート欲しさに私の右手にしがみついてくるような感じ。
私が手を上げると、身体も戻ってしまう。
"watch me"があやふやになっている。
なので、今はそのコマンドは使わずにアイコンタクトできたらめちゃくちゃほめるを繰り返してる。
家の中では、それなり一緒に歩くことも出来るが、デッキに出たとたん回りのものに気をとられる。

それでも、少しずつ良くなっていることもある。(家の中でのこと。)

"stay"でだんだん長く待てるようになった。
ボール遊びが上手になった。(以前は持って帰って来ないことの方が多かったが、今では90%の確立で持って帰ってきて、ポトッと私の前に落とす。)
歩きながら"stay"をかけると、そこで立ったまま私が戻るまで待っている。
"sit"→"down"→"sit"ができるようになった。("down"が成功した場合)

昨日久しぶりに『犬の頭がグングンよくなる育て方』三浦健太著を開いてみた。
挫折しそうになったり、行き詰った時に読むととてもいい。
自分も犬も、また信じられるようになる。
もっとルークをちゃん見てあげなくちゃと思った。

寝るリカに座るルーク。(←おい、おい、写真撮ってていいのかい。自分でつっこんでます。)
dblog-408

まともに出来るのは・・・

"sit"と"stay"だけ。
ルークのお散歩があまりに悲惨で、行きかう人々にあれこれ言われて恥ずかしい思いをしたので、気合を入れて基本から勉強しなおしてる。
で、いったい何が出来て何が出来ないのか?と復習してみると....
上に書いた通り、"sit"と"stay"しかできなかった。はぁ~。。。。。。

まず"down"とアイコンタクト、そして"auto-sit"が出来るようにがんばろう。

dblog-407
ルーク「だうん、できますよ。」
あや「自分からしても、だめなの。」

取られたおやつ

普段あまりおやつはあげないんだけど、時々おとなしくして欲しい時に与える。
リカはそういう時がないので(いつもおとなしい)、ルークだけに与えることになる。
リカもいるところであげるとけんかになってしまうかと思い、柵で仕切っていたんだけど、それを先日忘れてしまった。
しばらくして、のぞくとルークがこっちを見てる。
骨をかじっている様子がない。
「あれ?もう食べちゃったの?」と部屋に入ると、リカがなにやらおかしな格好をしてる。
よーく見ると、顔を傾けて何かを一生懸命噛んでる。

dblog-405

こんな感じで、ルークにあげた骨を横取りして食べていた。
ルークは取り返したい気持ちがあるけど、どうも強気に出られないようで、
dblog-406
「ぼくのほね、たべてます・・・・かえしてほしいです。」
みたいな顔して私を振り返る。

やんちゃをしてても、リカにはまだかなわないルークでした。

また作品

"作品"なんてものではありません。
でも、また作っちゃいました。
友だちのお誕生日にあげようかなぁと思って、友だちのものではなくそのワンコの為に作りました。

フリースのキルティングがすごーくあったかそうだったので、それを使って。
dblog-404

これから夏だというのに、まるで"秋"の柄だね。

« May 2005 | Main | July 2005 »

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ