« もっとルークを観察。 | Main | 今朝 »

報告(または記録)

昨夜、リカを2階の寝室に連れて行こうと抱き上げると、「グォッホゥ、グォッホゥ、」っておかしな咳をした。
でもそれはたまたまかと思いしばらくしてまた抱き上げてみたが、またまったく同じ咳をした。
少し前から胸がかなり膨らんできているなと感じていたが、実際測ってみてもそれほど変化はなかったので、気のせいかなと思ったが、やはり心臓が肥大してきてるのかもしれない。
りょうは「今夜は下で寝かせようよ。」と言うので、「じゃぁ、私も下で寝る。」と言った。
ルークはりょうと一緒に上でよかったのに、夜中に起こされるのがいやなのか「ルークも下がいいでしょ。」なんて言って一人で上に行っちゃった。
(りょうの名誉のため、決してりょうは薄情ということではありませんので。)
で、ルークは下のクレート(いつも留守番に使っている)に入れたんだけど、何かいつもと違う空気を感じるらしくずーっと中で「ハーハー、ハーハー、」荒い息をして、たまに「わん!」とか吠えてる。
無視しようかと思ったが、クレートに入れなかった場合のルークの様子も知りたかったので、結局出した。
もうすでに真っ暗だったせいか、ルークはすぐに私の足元で寝た。
"足元で"というのが、私をボスとみなしているようでなんだかうれしかった。

夜中、リカが一度起き上がり少し歩いていたのは覚えているけど、その他には気になることもなくゆっくり寝ることが出来た。

ルークが5時半にトイレに起きて目が覚めた。
リカはまだぐっすり寝ていた。
昨夜は特に体調の変化もなく、よく眠れたようだった。
ただ起きた後がいつもと違った。
足元がふらつき、ベッドの角のほんの少しの段差に躓き、起き上がる為にじたばたし、起き上がると今度はしばらくそこから動かない(動けない?)。
でも私たちが食事を始めるといつものようにテーブルのそばに来て座っていたし、食事もうれしそうにきれいに食べた。

「食欲があって食べられれば大丈夫だね。」とりょうと話した。
こういう変化がこれからも徐々に現れるんだろうなと思う。
でも、私たちは心配していない。
リカはいい顔してるし、幸せに違いないと思っているから。
だから、これを読んでもらってる皆さんも心配しないでください。
静かで安らかな時を迎える準備をしているリカを、ほんとに"幸せな犬"だと見守ってやってください。

ルークも見守ってくれてます。(昨夜)
dblog-410

でも、すぐに・・・
dblog-411

そして、今朝も・・・
dblog-409
ルーク「ぼくがちゃんとみてます。」

dblog-412
ルーク「zzzzzzzzz.....」

« もっとルークを観察。 | Main | 今朝 »

犬の生活(シニア編)」カテゴリの記事

Comments

リカちゃんはほんっとうに幸せな犬ですよ!
大好きなママがいつも一緒にいてくれるし、
おいしい手作りフードももらってるし、
お散歩用のバギーまで買ってもらったしね。
16年間ペリータ家で過ごせて、
パパとママの子でよかったなぁ~って思ってます絶対。
ルークくん、寝ずの番(?)よろしくね!

>おぐさん、
ありがとう。
そう言って貰えると、とってもうれしい。
飼い主冥利に尽きます。
引越しのたびに大変な思いをさせたけど、一緒に連れてきてほんとによかったと思う。

ルークもそばにいたいんだよ、みんなの。
なんかかわいいよね。

いづれ、うちにもそんな時が来るんだろうな、
って、思いました。
えんって、おとのことが本当に大好きみたいで、
おとをペロペロなめるし、
おとがどこかぶつけてキャインキャイン叫んだら
誰がやったの!?ってうなる。
きっと、ルークみたいに、見守ってあげるんでしょうね。
リカちゃん、まだまだ元気ですよ。
ホネをガジガジできるんですから!

こんばんわ!まだまだ大丈夫ですよ!りかちゃん!食欲もあるようですし何よりもまだまだ元気なお顔をしているじゃないですか!
ちろの話しをここに書こうと思ったのですがあまりにも長くなってしまうのでもしよかったら私のホットメールのアドレスの方にメールくださいね。よかったらでいいので!まだまだ元気です!りかちゃんは!

>おとハハさん、
犬は人より寿命が短いのだから、普通に考えれば誰もがいつか経験するのよね。
でも、愛する犬を置いて自分が先に逝くより、自分が犬を看取って上げられることがはるかに幸せなことだからね。
おとちゃんとえんちゃんはこれからもっともっと絆が深まるんだろうな。
さらにお顔も似てくるよ、きっと。

>ちろみるちゃん、
ぜひお話聞きたいです。
必ず後でメールしますね。
きょうはこれからちょっと忙しいので・・・。

そう、リカは顔が元気でしょ。
だからまだ大丈夫ね。

リカちゃん幸せですね。
小さなわんこは、飼い主より先に逝くのは、宿命。分かっていても、寂しい事ですが、それを大きな心で支えているあやさんがご立派だと感じました。
動揺すると、わんこも動揺すると聞きます。
私、過去によく泣いてしまって、何度もアンジーに慰められました。(笑)

ルーク君との関係もますます、良くなってきましたね。見ていて微笑ましいです☆

リカちゃんは大丈夫そうですね!一安心です。食欲もあるようですし、なんてったってルーク君がついていてくれますものね!!リカちゃんは本当に幸せですね。そして、リカちゃんからも沢山の「楽しさ」をもらっているあやさんたちも幸せ者!!

>Angieママさん、
体調悪いのに、来てくれてありがとう。

2日前だったか日本のニュースで"seizure alert dog"に気づいた方の話しがあったけど、犬は私たちの身体のほんの少しの変化に気づく能力があるんですよね。
だから気持ちの変化にも敏感よね。
悲しみやつらい気持ちを抑えるのは難しいけど「リカといられて幸せだからね。」といつも話しかけるようにしてます。

>キャサリンさん、
ほんと、ひと安心です。
リカに気を取られてしばらくしてからルークに気づくと自然と微笑んじゃうんですよ。
「あ、元気いっぱいのお前もいたんだね。」って。
私たちがリカの世話をしてると、ルークはルークなりに気を使ってる気がして、ますますかわいくなります。
そんなルークにリカも喜んでる気がします。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44604/4396457

Listed below are links to weblogs that reference 報告(または記録):

« もっとルークを観察。 | Main | 今朝 »

October 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ