« July 2008 | Main | September 2008 »

August 2008

やっぱり太陽が一番。

雨が降ってすっかり秋めいてますが、
これは先週の話し。

あんまり暑いので、ずっとエアコンつけっぱなしにしてました。
そしたらコナがベッドの下にもぐってという話しを以前しましたが、

ルークはこんなところにいました。


D08200802a


そうか、そうか、やっぱり太陽の日が恋しいんだねと
クレートを動かしてスペースを作ってあげたら・・・


D08200803a


ちゃっかりチャウチャウスペシャルを持ったコナが座ってましたbleah

やっぱりみんな太陽大好きなんだねsun


NEW BED!

クレートも好きなんだけど、ベッドも次々欲しくなるものの一つ。
日本帰ってきてから欲しかったベッド(コナがチャウチャウを咬んでたベッド↓)を手に入れたので、それでかなり満足してたんだけど、やっぱりひとつは欲しいのが桶型ベッド。
別名 ドーナツベッドともボルスターベッドともいわれているタイプのもの。
コナも丸いベッドが欲しいと言ってたし・・・
注文しちゃいましたmailto

『STARDOG』

このサイトもミントちゃんから教えてもらったお店。
柄ものは難しいかなぁと思ってたんだけど、
このドットは即決でした。


D08190802a

コナ「私のベッドです。」

D08190804

ルーク「ぼくのですよ。」


D08190806

コナ「代わりばんこですよ。」


パパからプレゼント。 

コナは3才になったですよ。
そしたらパパがカナダへ行って大好きな”チャウチャウスペシャル”を買ってきてくれたです。
大事に食べる(?)です。


D08170806a

いくら暑いと言ったって・・・

これは全開しすぎwobbly


Img_6043

犬を飼うことと犬の健康について。

とあるショップの「犬と飼い主をつなぐ心のセミナー」に行ってきました。

お部屋に入った瞬間、私の頭をよぎったのは、
「・・・・・霊感商法っぽい・・・・?」
端に置いてあるテープルに乗っているのはお店の夏の新商品。
それを売るのか・・・それともお土産にもらうのか?・・・・

とは言っても最初から「スピリチュアルな話し」を聞きに来たのだから、
こういう状況はわかっていたはず。
でも、何だろうこの疎外感は…?
やっぱり友人と一緒にくればよかったかなぁと思う。

ほどなくして先生(と呼ばれているお店の社長さん)の話しが始まった。

内容は以下の通り・・・

なぜ人は犬を飼うのか?
それはその人に必要だったから、心が求めていたから。

犬の存在は飼い主の心の状態を見つめなおさせるためのもの。
飼い主の心が不安定であればそれが犬を通して現れる。
それは病気だったり、怪我だったり、事故(人を咬むなど)だったりという形で。

それ故、飼い主は楽しく生きなければいけない。
それが犬を健康にすることにつながる。

そうは言ってもいろいろなストレスは当然あるはず。
そんな時飼い主は心に湧きあがる負の感情をいったんすべて受け入れる。
そしてその感情を楽しむ。そして忘れる。

犬が飼い主に求めているのは、飼い主が楽しく生きること、ただその一点だけ。


このような話しが30~40分ありました。
予定時間は2時間とってあるのに、もう終わり?と思ったら
その後は質疑応答でした。

その中で興味を持った話しをいくつか・・

Q、ごはんを食べないときはどうしたらいいか?

A、放っておきなさい。
  それから下痢をした時なども放っておくのが一番。必要のないものを食べてしまったのだから、全部出し切ってしまうべき。


Q、どうしても犬がなついてくれない。他の人にはおなかを見せたりするのに、飼い主の私には見せない。

A、犬は飼い主の心を映し出す鏡。
  自分自身を愛せない飼い主さんには心を許せない。
  自分を愛しなさい。


Q、食事も散歩も色んなことに気をつかってあげているのに、犬の体調が良くならない。

A、犬に完璧を求めてはいけません。
  それは飼い主に執着とか依存とかいう感情が強い人にありがち。
  だいたい「・・・・のに、・・・ない」という言い方そのものが最初から否定的に物事を見ている。


Q、犬の食事に関していろいろ勉強して一番良いものをあげたいと思っているのですが・・・

A、これも執着心の表れで、飼い主がそうしてこだわりを持つこと、実はそれは犬が一番嫌がること。
  こだわりはもたないことです。


Q、自分の犬に咬まれたのですが・・・

A、飼い主に゛怒り゛の感情が強いと犬は自分の飼い主を咬みます。
  そして誰かほかの人を咬んでしまった場合は飼い主が誰かを恨んでいるということが考えられます。


Q、飼っている2匹が全く性格が違うのですが・・・・

A、それは飼い主の二面性を表しています。
  犬は飼い主そのものですから、必ずその両方の性質を飼い主が持っているはず。


そして最後に
AC(アニマルコミュニケーション)は誰でもできます。
まずは自分を信じること。そこから犬が見えてきます。


ということでした。

実は先日の日光ACでコナが話していることがあまりにも自分に合致していたので気持ち悪いくらいだったのですが今回のセミナーで奇しくもそれは裏づけられてしまいました。
もっと自分を好きになろうと思ったわけで
そういう意味では大変いいセミナーでした。

そして大雨の降る中、テーブルの上の新商品をお土産に貰い会場を後にしたのでした。


D07160809

コナ 「ママが楽しくないと、コナも楽しくないですよhappy01」(日光AC前日のコナ)

  
  

ルークが車で興奮するわけ。

先日日光でAC(アニマルコミュニケーション)を受ける機会がありました。
コナを同伴していたので、ほとんどコナの話だったのですが、
ひとつだけどうしてもルークのことで聞きたいことがあったので、
写真を持参してみてもらいました。

その聞きたいこととは・・・
「車の中でいつも興奮状態なのはなぜ?」ということです。

では、その結果を箇条書きで。

・ 車に乗ると気分が高揚する。それは少しだけ楽しい気持。

・ 自分がそんなに早く走れないのに、速く動く車、流れる景色が自分を興奮させる。

・ AC「それやめれないの?」
  ルーク「やめれないね。だって、ママが(興奮している様子を見て)喜んでくれたことがあったから。」

・ できることなら車をコントロールしたい。
  自分の意志とは違う右へ行ったり左へ行ったり、止まったりという行為・・・
  それを自分でしたい。車を支配したい。

・ 車が止まるとか動くとかが小刻みなほど支配したくなる。(→興奮する。)
  高速のようにずーっと同じペースで行ってる方が落ち着ける。

とこんな具合でした。
実際、高速に入るとおとなしくなるので不思議だなぁと思っていたのですが、
そんな簡単な理由だったのですね。

それにしても「やめれないね。」には笑ってしまいました。
以前のACでも「ひょうきんでみんなを笑わせるのが好き。」と言ってた子なので、
私が喜んだ(全然その覚えはないのですがcoldsweats01)のがうれしかったんでしょうね。

ルークの興奮が「車が嫌い。いやだ。」という理由だとしたら、
何か対策をと思ったのだけど、
「自分が支配したい。」なんて勝手なことはさせられないし、その興奮を楽しんでいるようでもあるので、
これまで通り興奮させておくことにします。
いつか「自分は車を支配することはできないんだ。」って気づく日が来るのかな。。。。

Ot05200504

ルーク 「ゴーゴー、止まらずにはしるですよー。」(2才の頃のルーク)


« July 2008 | Main | September 2008 »

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ