« 3/17 トレーニングメモ  | Main | 3/31 ルーク、もどす。 コナ、血尿。 »

PTest

3月20日(土)
pawfect主催のPTEST(WCFO実力テスト)でした。

時間は個々に指定されていたのですが余裕を持って出かけてよかったです。

連休初日、そしてお天気もまぁまぁということでやはり会場(東名横浜インター近く)近辺大渋滞。
最寄駅からのタクシーがつかまらず3駅手前の大きな駅まで戻るというハプニングがありながらもなんとか15分前に到着。

建物3階の試験会場へ着くと
遅刻者続出ということで会場について準備のできた人から入っていいとのこと。
衣装は着ていたので、コナのテンションをあげてipodで曲を聴きながら振りの確認をして試験場へ。

A先生を真中に3人の方が座っていました。
会場へごほうびは持ち込めないので、手にたまごちゃん(コナの好きなおもちゃ)を握っているふりをしてもう一度コナのテンションをあげて踊り始めました。

ここで今回のテストの概要を。
WCFO(world canine freestyle organization)が設けている実力テスト
ブロンズ → シルバー → ゴールド と級が上がっていきます。
それぞれ2階級(バーとメダル)あるので、全6階級。
今回私が受けたのは一番下のブロンズバー。
フィギュアスケートのショートプログラムのように入れなくてはいけないムーブメントが5つあります。

・直径約9mの円周上を犬を内側にして”ヒール”。
・直径約9mの円周上を犬を外側にして”ヒール”。
・人のステップで4ステップ以上の”バック”。(これは犬と向かい合わせでも、ヒール状態でもよい)
・3回以上のヒールポジションでの”スピン”。
・4歩以上の”ウィーブ”。

これを1分30秒(前後15秒の誤差は認められています。)の曲に合わせてリード付きで「踊る」。
リンクの広さは約 9m x 12m。
小型犬はリンクの50%以上を使わなくてはいけません。

私の踊りは
犬内側ヒール → 犬外側ヒール → バック → スピン → ウィーブ と入れてあります。

試験会場で練習していたこともあり、順調にヒールからバックまで進みました。
1分30秒というのはこれらの動きを入れるとそれだけで終わってしまう程度の時間なのですが、
曲の流れの関係でバックからスピンに移る間16拍くらい間が空いてしまいました。
この”間”をどんな動きでつなげるかがなかなか決められずにいて
当初アラウンドで自分の周りを回らせようとしたのですが、
リードさばきが美しくないので前日にヒール状態でバックして次のスピンを始める位置へ移動しようと決めました。

それがコナを混乱させてしまったのかもしれません。

バックをさせた後ステイをかけて私がコナの右横につき「ヒール」と言いながら下がり始めた一歩目でコナの後ろ脚を踏んでしまいました。
次の動きが予測できず私に寄りすぎてしまっていたようです。

もともとどんなことにも大げさな反応をするコナです。
この時の声の上げようも尋常ではありませんでした。
「ぎゃい~~~ん。わん、わん~・・・。」
私の足に向かって吠えています。

でも・・・これはいつものことなので私は冷静でした。
そのまま「ヒール」と言い続け次のポジションへ移動しました。
16拍の間が幸いして十分次の課題ムーブ”スピン”には間に合い、
コナも慣れたもので「もう、また踏まれたー。いいかげんにしてよー。」と言いながらも
きっちりついてきてくれました。

踊り終わった後
先生方も苦笑い。
でも、大きな拍手をいただきました。
A先生「あれがなければ、完ぺきでしたよ。。。。合格です!」
「ふたりとも冷静に対処できて良かった。そういうことが大事なんですよ。」と言っていただきました。

この時の私、「オリンピックフィギュアの高橋の気持ちが分かった。」と思いました。
失敗をしても立て直す、その練習をしてきたと言ってたことです。
フリースタイルをはじめて3年くらい経つのだけれど、まだまだコナと私の意気は合いません。
練習でも頻繁にコナの足を踏んでしまいます。
最初はそれが原因でコナが私ときれいにヒールできなくなるのではと思ったりしたのですが、
コナはそういうことでめげる犬ではないとわかってからは
ちょっと体を叩いて「大丈夫、痛くないから。」と励ますようにしたのです。
そしたら踏まれた時は「私、虐待されてますーーーー。」みたいな声を上げるのですが、
それだけで済んでしまうようになっていったのです。

まさか本番で足を踏むとは思っていなかったけれど、
その時の私の心理を説明すると
「きちんと最後まで平常心で踊る。」ことしか考えていなかった気がします。

試験を終えて会場を後にした時
私の頭に浮かんだのは
フリースタイルを続けてこれた私を支えてくれたTHE JUNKERS のチームメイトへの感謝と
今指導してくださっているO先生、
そして今回のテストを受けるきっかけを作ってくれて一緒にダンスを完成してくれたAさんへの感謝でした。
そして、もちろん一番の感謝はコナへ。
いつもいつもコナに助けられていると感じています。


今回は”ミュージカルフリースタイル”という部門だったので、
次回は”ヒールワークトゥミュージック”部門に挑戦する予定。


ライブ試験なのでビデオ撮りはできません。
練習時のものを貼っておきます。
この時のように普通に歩いて移動すれば良かったですね。
A先生にも「余計なことをしましたね。」と言われましたcoldsweats01

« 3/17 トレーニングメモ  | Main | 3/31 ルーク、もどす。 コナ、血尿。 »

『コナ!』」カテゴリの記事

Comments

おめでとうございます♪
コナちゃんと歩くあやさん ステキです♪
コナちゃん 足踏まれてもがんばったんですね♪
すごいなぁ♪
アテンションヒーリングの練習から 中々前に進めない私と桃子ですがcoldsweats01
あやさんみたいに 姿勢よく かっこよく手をあげれるようになれたらいいなぁ♪
あっ、体型違うから ムリムリでしたヽ(´▽`)/

cherryblossommichelleさん、

ありがとうございます。

足を踏んでしまう原因、コマンドだった気がして変えてみたら少し良くなりました。

美しいヒーリングは永遠の課題ですね。
私もまだまだです。
昨日も先生に「ごまかして先を急がないように。」みたいに言われましたcoldsweats01

毎日の積み重ね、頑張りましょうね。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 3/17 トレーニングメモ  | Main | 3/31 ルーク、もどす。 コナ、血尿。 »

December 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ